たんぱく源の食品いろいろ

ダイエット

投稿者 : 八百 健吾

9

たんぱく源いろいろ

筋量を上げるにしても、脂肪を減らすにしても、とっても大事なたんぱく質。
当サイトでは除脂肪体重1キロあたり2〜3グラムの摂取を勧めています。
必要量が摂れていれば、食品えらびは悩まなくて良いというスタンスですが、たんぱく源って何があるのか、どんな特徴があるのかサッと紹介してみようと思います。

続きを読む

たんぱく質の吸収に限度はあるか?

ダイエット

投稿者 : Alan Aragon

27

リーンゲインズ たんぱく質の吸収 限界「1回の食事で摂るたんぱく質の内、身体が実際に使える量は限られている」という考え方がフィットネスの世界では長く語られています。
20〜30グラムぐらいが限度で、余分なたんぱく質は、酸化されるか(燃焼されるか)排泄されてしまうということです。30グラムを限度とするのが一番多いでしょう。
トレーニングをしている人の多くがこの話を信じて、苦労してたんぱく質を一日に何度にも分けて摂るようになりました。それを積み重ねる事で筋肉の同化を促したり、筋量維持を狙おうというワケですね。

続きを読む

クイズ8 夜いっぱい食べると?

ダイエット

投稿者 : Alan Aragon

0

夜いっぱい食べると太る? AthleteBody.jpA:成長ホルモンが出なくなってダイエットには良くない
B:睡眠中は代謝が落ちるので太りやすい
C:ビールとから揚げなら最高
D:関係ない

続きを読む

クイズ3 白米か玄米か?

ダイエット

投稿者 : Alan Aragon

0

リーンゲインズ ダイエット 白米or玄米
A:玄米の方が良い(食物繊維とビタミンが摂れるから)
B:白米の方が良い(カロリーが低いから)
C:どっちも同じ

続きを読む

かしこいダイエットクイズ紹介

ダイエット

投稿者 : 八百 健吾

0

かしこいダイエットクイズ アラン・アラゴン AthleteBody.jp
ダイエットに関してよくある疑問や誤解を解決するクイズを紹介していきます。
筋トレ後のプロテインは必要か?という記事で先日紹介したアラン・アラゴンが答えてくれます。おそらく「ちょっと聞いたコトあるけど実際どうなの?」といったテーマがあるんじゃないかと思います。

続きを読む

Eat Stop Eat シンプルな断食ダイエット

ダイエット

投稿者 : 八百 健吾

12

Eat Stop Eat 断食ダイエット AthleteBody.jp
『Eat Stop Eat』という英語の本があります。
インターミッテント・ファースティングの一種で「期間限定のダイエット」ではなく「長期にわたって持続可能なライフスタイル」として考えられています。

ダイエット食品やサプリメントにお金を使いたくない人、カロリーや栄養素の計算に手間を掛けたくない人、仕事の付き合いなどで食事内容を自由に変えられない人などには一度試してほしい方法です。

続きを読む

サイト管理人

Andy Morgan - AthleteBody.jp Facebook Profile Picture 2015

アンディ・モーガン

イギリス出身のダイエットコーチ兼パーソナルトレーナーです。日本に住んで12年。日本が大好きになりました。 欧米のダイエット情報と数百人の英語圏のクライアント指導で得た経験を日本に広めるためノウハウを公開しています。
AthleteBody.jp Kengo Yao 2015

八百 健吾

サイト内で紹介する外国人トレーナーなどの記事の日本語訳を担当しています。 アンディと本橋とチームで内容充実のサイト作りをしていきます。ご期待ください^^
Naoto Motohashi AthleteBody.jp 200×200

本橋 直人

科学的根拠に基づく指導をモットーとしてカナダで活動中のフィットネス指導者です。皆さまに役立つ情報を厳選して発信していきます!

最近のクライアント写真

  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr


クライアント写真一覧を見る

掲載情報についてのご注意

当サイト掲載の情報は、多くのトレーニーに役立てられるよう細心の注意を払っていますが、各個人の状況によって情報の有用性は変わります。ご自身の責任でご活用ください。
また、当サイト掲載の情報は医学的アドバイスではありません。健康面での不安のある方は、医師、理学療法士、管理栄養士など、それぞれの専門家にご相談ください。