Eat Stop Eat シンプルな断食ダイエット

投稿者 : 八百 健吾

Eat Stop Eat 断食ダイエット AthleteBody.jp
『Eat Stop Eat』という英語の本があります。
インターミッテント・ファースティングの一種で「期間限定のダイエット」ではなく「長期にわたって持続可能なライフスタイル」として考えられています。

ダイエット食品やサプリメントにお金を使いたくない人、カロリーや栄養素の計算に手間を掛けたくない人、仕事の付き合いなどで食事内容を自由に変えられない人などには一度試してほしい方法です。

Eat Stop Eat 実践方法

実際に何をするのかというと次のとおり。おどろくほどシンプルです。

  • 1週間に2回24時間の断食をする。
  • 断食の日以外は普段通りに食事をする。
  • 食事量はすべて普段通り。食べてはいけない食品も特にナシ。

断食をする時間帯の設定は個人の生活サイクルに合わせれば良いのですが、例えば月曜日の午後8時に夕食を食べたら、火曜日午後8時の夕食まで何も食べないという形です。午後2時〜翌日午後2時というような設定でも構いません。
食べるものに制約はなく、いつも通りの食事をすれば良いのですが、断食明けにバカ食いするというのもナシです。あくまでも普段通りの生活に24時間の断食を取り入れるというのがポイントです。
体調の良くない日や、人と食事に行く用事ができたというような場合は、断食にしばられる必要もありません。次の日にズラしても良いですし、その週は断食を1回だけとしても大丈夫です。一番重要なことは長い間続けられるということです。
どんなダイエット法でも、体重を落とすには摂取カロリーよりも消費カロリーが多い状態で「カロリーの赤字」を作るのが必須ですが、Eat Stop Eat は1週間単位でカロリー収支を考えるのが特徴です。この本では週2回24時間の断食でおよそ25%のカロリー制限ができるとしています。
実際にどの程度のカロリー赤字が出るかは人それぞれで、その週によっても違いが出てくるでしょうが「ずっと同じような食生活でポッチャリ体形から抜け出せない」というような人は十分効果が期待できると思います。

考案者はサプリメントのプロ

「Eat Stop Eat」はカナダ出身のブラッド・ピロンという人が考案者です。
彼は10代の頃から、身体の筋肉が付き脂肪が落ちるメカニズムに興味を持ち、大学で栄養学を学んだ後はサプリメント会社で研究開発に関わっていたそうです。
(この分野でのいわゆるエリートですね)
しかし、サプリメント業界を離れインターミッテント・ファースティングについて学ぶにつれ、本当に効果のあるものとフィットネス業界のマーケティングはまったく別物だと考えを新たにし、まったくサプリメントに頼らないライフスタイルを提唱するようになったということです。
先日のBBCの番組でも Eat Stop Eat に非常に近いパターンの断食法を紹介していました。

リーンゲインズとの違い

当サイトで薦めているリーンゲインズもインターミッテント・ファースティングの一種ですが、Eat Stop Eat と何が違うのか気になる人も多いと思います。
ざっくり言ってしまうと、食生活に掛ける手間が違います。
リーンゲインズは日によって栄養素の摂取量を変え、食事の時間帯ももう少し設定が細かくなります。トレーニングと食事管理を長期にわたって続けるモチベーションのあるボディビルダーやアスリートには最適ですが、体形改善を生活の中心に置けない人には、Eat Stop Eat の方が始めやすく続けやすいかも知れません。
ちなみにカロリー制限中に筋力を維持するため、ブラッド・ピロンも週3回のウェイトトレーニングを薦めています。

無料 eBook!

Screen shot 2016 12 10 at 15.25.10 169

筋力・筋肉量を伸ばすにはナニが必要か?
いま科学的に分かっていることを36ページにギュっと凝縮
過去1万名以上がダウンロード、好評公開中!

Powered by ConvertKit

八百 健吾

サイト内で紹介する外国人トレーナーなどの記事の日本語訳を担当しています。
語学分野で5年、フィットネス翻訳者として5年、英語に携わる仕事をして10年になります。英語で得られる情報はとても幅が広いです。言葉の置き換えではなく、多くの人にメッセージを届ける架け橋になるべく日夜あたまをひねっています。
アンディと本橋とチームで内容充実のサイト作りをしていきます。ご期待ください^^

無料 eBook!

Screen shot 2016 12 10 at 15.25.10 169

筋力・筋肉量を伸ばすにはナニが必要か?
いま科学的に分かっていることを36ページにギュっと凝縮
過去1万名以上がダウンロード、好評公開中!

Powered by ConvertKit

コメント

  1. ルイガノチャリダー

    こんにちは!ちょっと教えて下さい。普段、有酸素運動と筋トレを週6回しています。このサイトを見て、週2日の絶食をやってみたいなと思ったんですけど、この場合も絶食しながら筋トレしても大丈夫ですか?

    1. ルイガノチャリダーさん

      コメントありがとうございます。
      絶食して大丈夫ですよ。ただ、カッコいい身体づくりが目的なら有酸素運動と筋トレで週12回のトレーニングは多すぎると思います。
      自転車競技をされているような場合は別の話だと思いますが…。

      1. ルイガノチャリダー

        書き方が悪くてすいません。
        有酸素運動は週3回、筋トレ週3回で合計6回です。両方1時間づつくらいです。選手とかじゃなくて、自転車で通勤しているだけです^^; 何も食べずに自転車に乗って仕事をするのは良くない気がして、絶食の日は筋トレをしようかなと思ってます。

        1. 朝、何も食べずに自転車通勤をするのは問題ないですよ。昼食を摂れば帰りの自転車も問題なしです。
          ウェイトトレーニングは週3日にして、増やさないようにしましょう。
          ガンバってください^^

          1. ルイガノチャリダー

            分かりました!アドバイスありがとうございます!!

  2. アンディさん & 八百さん

    ご無沙汰しています。以前メールでお世話になりました。海野です。
    EAT STOP EATを試してみましたが、小さい子どもの相手をしながら1日何も食べないのは少しキツくて、自分なりにリーンゲインズを試しています。
    以前相談させて頂いたように、ジムで言われた1日6回の食事だと、体の小さな私は200キロカロリー×6食くらいになり、ずっとお腹が空いているような感じでした。リーンゲインズにすると600キロカロリー×2食になり、朝食なしでも満足感が全然違います。この食事パターンに慣れたり食べ物の組み合わせを考えるのに10日くらい掛かりましたけど、間食もなくなりました。
    1ヵ月ちょっとになりますけど、体重も平均したら週500グラムずつくらい減っています。本当にありがとうございます!

    1. 海野さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。生活に合ったスタイルが見つかったようで何よりです。一度お話させて頂いた方がうまくダイエットを進められているのを聞くとホント力になります。
      ガンバってくださいね^^

  3. 最近24時間絶食ダイエット始めました。しかし思うように体重が落ちません。といっても一週間で1キロ落ち、その次の日に200g戻り、またその次の日にも200g戻る、という状況です。(今8日目です)
    基本的に炭水化物は食べず、鍋で野菜を取るなど、身体を冷やさず、消化にもよいような野菜のとり方をしています。お肉は一度胸肉を100g鍋に入れて食べましたが、その次の日は体重が200g増でした。またお酒を飲んでしまうので、それも量を減らし食事と共にとらず、
    食事してから1時間後辺りにワインを4~5杯程度。これがいけないのでしょうか?それとも体重増を気にし過ぎでしょうか?鍋も大量には食べられませんので、一人前の小鍋程度です。
    毎日ウォーキングで10000歩を日課としております。

    1. ナナ さん

      はじめまして。始められて8日で目に見える結果が出ないのは自然なことですよ。はじめの体重の波は身体の水分量の変化じゃないかと思います。
      特に女性は身体のサイクルに合わせて体重が変わりやすいので、体脂肪が落ちていても体重が変わらないというコトも少なくないです。
      経過チェックは4週間ごとに変化を比べると正しい方向に向かっているか傾向を捉えやすくなると思います。

      普通の1日3食の生活から週2回の断食を始めると、単純計算で食事回数が21回から17回に減ります。食事内容が変わらなければ4食分カロリーが減るので、ペースはどうであれヤセる方向に向かうのが自然です。

      毎日の体重の振れ幅にとらわれず長期的に考えるのが気持ち的にも成功のためにも大切だと思います。
      ガンバってください^^

  4. こんにちは!
    いいサイトを発見しちゃいましたー!
    ちょうど、頑固な脂肪に悩んでたんでやれそうだったらこのeat stop eatに挑戦します!

    自分はmuscle&fitness誌等を参考にしてるんですけど、色々な情報があってどれが効果があるのか、いつも悩みます(´Д` )
    まぁ結局は人それぞれ合う合わないがあるから、自分で気になったら試してみないと分からないですよね(笑)

    1. 鈴木さん、コメントありがとうございます。

      >色々な情報があってどれが効果があるのか、いつも悩みます(´Д` )
      そうですねぇ。自分に必要な情報を選んでいくのは大切ですね。
      Eat Stop Eatはあまり難しく考えずにカロリー摂取量を抑えるのには良い方法だと思います。
      またあちこち読んでみてください^^

      1. 返信ありがとうございます!

        只今、過去の記事から読んでいる最中です( ̄^ ̄)ゞ
        これからも偶にコメントします。

  5. こんにちは。
    古い記事を最初から読み直して気になる事があったのでコメントさせていただきます。

    こちらのEat Stop Eatも別の記事で紹介されている8時間ダイエットのような印象を受けるのですが気のせいでしょうか?
    一週間の摂取カロリーが消費カロリーを上回ってしまえば何時間断食しようがダイエットには有効だとは思えません。
    三代栄養素についての言及もありませんし普通の人がこのまま実践するとアンダーカロリーになってもタンパク質が足りず適切なバーベルトレーニングをしても筋量を大きく減らしてしまうのではないかと感じました。

    私にEat Stop Eatの知識が無いので的外れな意見でしたら申し訳ありません(^^;
    8時間ダイエットはダメでEat Stop Eatをよしとしている理由がどうしても分からなかったので質問させていただきました!(8時間ダイエットの悪い点は理解しています。)

    1. S5さん、こんにちは!
      コメントありがとうございます。ずいぶん読み込んでくれているんですね。
      実際に何が起こるのかということを考えているから出てくる鋭い疑問だと思います。

      ウチでEat Stop Eatをオススメしていて、8時間ダイエットに否定的なのには、実践内容や効果の前に、この2種類のダイエット法が生まれた経緯があります。

      8時間ダイエットは、インターミッテントファースティングの人気に乗って、当時注目を集めていたリーンゲインズのパクったものだという話は、この記事に書いたとおりです。

      Eat Stop Eatの著者は、もともとサプリメントメーカーに勤務しており、肥満の人を対象にしたダイエット商品の開発を仕事にしていた人です。
      それが、売上最優先でいろんなマーケティング手法を駆使して物を売る業界のやり方に疑問を感じ、会社を辞め、自ら科学的文献から集めた情報を基にまとめたのがEat Stop Eatという本です。
      メーカーに勤務している状態では、業界の悪い部分を自由に書けないからという理由です。

      1日6食摂らないといけないという情報が広まるとプロテインサプリの売り上げにつなげやすかったり、朝食を摂らないといけないとシリアルの売り上げにつなげやすかったりします。さらに脂肪燃焼サプリなんかも新製品がどんどん出てきます。日本の燃焼系サプリやドリンクもこの類いです。

      「本当はそんなに複雑なことではなく、いかにしてカロリー収支をコントロールするかが重要なんだ」というのが著者の伝えたいメッセージで、そのための方法として、24時間の断食を勧めています。
      ドカ食いは無しで、あくまでも普段の食生活のまま、食事を2回減らすというのは、カロリー収支をコントロールするための重要なポイントです。

      肥満の方や、ちょっと出てきたお腹をどうにかしたいというような場合には、リーンゲインズのような複雑な設定は必要以上に制約がキツくなりがちなので、シンプルで続けやすい方法だと思います。
      ボディビルのコンテストに向けた減量のようなシビアな状況ではベストのやり方ではありませんが、しっかりトレーニングと並行して行えば、それなりの身体に到達できる可能性は十分あると思います。
      業界の仕掛けるワナにハマる人を救おうとする著者の姿勢へのリスペクトも含めて紹介しています。

      8時間ダイエットは、8時間の時間内なら何をどれだけ食べても大丈夫。軽い運動を8分という内容で、ワナを増やす側にある情報です。
      8時間の時間枠を守って、結果的にカロリー摂取量が減れば体重は減ります。実践の仕方次第では、Eat Stop Eatでも似たような結果になる人も居るかもしれません。
      ただ、実践した人が「すげー、8時間にしたらヤセた」と思うのと、「Eat Stop Eatはカロリー制限が楽だった」と思うのでは違いがあると思うのです。

      長くなりましたm(_ _)m

      1. 丁寧な回答ありがとうございます。
        ダイエットの方法ではなく生まれた経緯やマーケティングのやり方に差があるという解釈で問題無いでしょうか?

        1. >ダイエットの方法〜やり方に差があるという解釈
          そういう解釈で問題があるかはS5さん次第ですね。
          実践内容やそのベースにある考え方はそれぞれの記事で要点を書き出しているように、まったく違います。
          実際に本を読むとさらに違いはハッキリすると思いますが、その違いにS5さんが意味を感じなければ、そういう解釈になるかもしれません。
          ただ、こういう「白黒思考」をすると、見落としてしまうことが出がちなのでオススメはしないです。

          1. 返信ありがとうございます。
            白黒ハッキリさせたい私の性分が悪い方に出てしまいました。
            誤解しないで頂きたいのですが、この件は単純に疑問に思っただけでEat Stop Eat自体を貶める意図は全くありません。
            お気を悪くなされたら申し訳ありません。

            1. S5さん、ありがとうございます。大丈夫です^^

              理解したいという気持ちが伝わってきたので少し突っ込んで書いてみました。
              こういう疑問が出てきたときは、ピラミッドの階層にどうあてはまるか考えると全体像が見やすくなるかもしれません。

コメントを残す

*

サイト管理人

Andy Morgan - AthleteBody.jp Facebook Profile Picture 2015

アンディ・モーガン

イギリス出身のダイエットコーチ兼パーソナルトレーナーです。日本に住んで12年。日本が大好きになりました。 欧米のダイエット情報と数百人の英語圏のクライアント指導で得た経験を日本に広めるためノウハウを公開しています。
AthleteBody.jp Kengo Yao 2015

八百 健吾

サイト内で紹介する外国人トレーナーなどの記事の日本語訳を担当しています。 アンディと本橋とチームで内容充実のサイト作りをしていきます。ご期待ください^^
Naoto Motohashi AthleteBody.jp 200×200

本橋 直人

科学的根拠に基づく指導をモットーとしてカナダで活動中のフィットネス指導者です。皆さまに役立つ情報を厳選して発信していきます!

最近のクライアント写真

  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr


クライアント写真一覧を見る

掲載情報についてのご注意

当サイト掲載の情報は、多くのトレーニーに役立てられるよう細心の注意を払っていますが、各個人の状況によって情報の有用性は変わります。ご自身の責任でご活用ください。
また、当サイト掲載の情報は医学的アドバイスではありません。健康面での不安のある方は、医師、理学療法士、管理栄養士など、それぞれの専門家にご相談ください。