体験談

管理人アンディ

私はこのサイトを作るにあたって、あえて97kgまで太りました。 確実に結果が出せる自信があったので、減量中は経過をリアルタイムでFacebookに掲載しました。 減量を成功させるのに必要なのは、トレーニング30%、残りの70%は食事管理です。

スコット(ニュージーランド出身)

スコットはコーチングを開始してまもない頃のクライアントで減量指導をさせていただきました。筋量も筋力もすでに高いレベルにあるスコットから申込みがあったことには驚きました。3ヶ月のプログラムを終えて体脂肪を落としただけでなく、筋力も上がり、身体も大きくなって、期待以上の結果を出してくれました。

AthleteBody.jp パーソナルコーチング Chandler

Chandler(アメリカ出身)

三大栄養素の摂取量設定が特にうまくいったと思います。体脂肪を落としつつ筋力が上がりました。 体重に関しては、測定ミスか、身体の水分量が大きく変わったか、その両方の影響があったと思います。実際に体脂肪が落ちた量は3.5〜4.5kgあたりじゃないかと思います。 胸囲が若干ですが大きくなりました。これだけの脂肪が落ちている中で、なかなかないことです。

ブラッド(アメリカ出身)

ブラッドはパーソナルコーチングに2回申し込んでくれました。 1回目は減量。コーチング期間の終了後、自分で減量をやり終え、1回目のパーソナルコーチングはゆっくり増量がテーマでした。 上記の数字は減量開始時と増量終了時の変化です。

AthleteBody.jp Anthony パーソナルコーチング

Anthony(アメリカ出身)

12週間がすごく早く感じて、もう終わりだと信じられない気分です。この12週間は人生が変わるような経験で、トレーニングと栄養管理に対する見方が完全に変わりました。もう以前の生活スタイルに戻ることはないですね。体脂肪を落としながら筋力を上げていくのに最も効果的な方法だと思います。 これからも続けて、自分の思い描いていた身体を手に入れたいと思います。アンディ、ありがとう。

Marc(アメリカ出身)

まずは、ありがとう。この12週間で多くを学ぶことができて感謝してる。 これまでで筋力は最高だし、自分の格闘技にも必ずプラスになると思う。毎日の生活での運動量や三大栄養素が自分の身体にどう影響するか、初めてちゃんと理解できた感じがする。 自分はこの手のことにはオタクなくらい神経質だけど、パーソナルコーチングで見た目的にもパフォーマンス的もひと押ししてくれたのは最高だった。

AthleteBody.jp パーソナルコーチング体験談 福田洋さん

パーソナルコーチング体験談 福田 洋 選手

福田選手から個人相談の問い合わせを初めに頂いたとき、普段テレビなどで見るステージ上のプロレスラーのイメージからは少し意外な程しっかりした文章から「必ず成功させる」という意気込みが伝わってきました。 一般人のダイエットでもそうですが、特にプロの格闘家として筋力は犠牲にできないので、ダイエットのペース設定が重要でした。 開始直後の体内水分量による体重減は別として、1週間に500グラム〜最大1キロのペースで体脂肪を落とすと説明をしました。

パーソナルコーチング体験談 Yasuさん

「3〜4年前から週4回のペースで真剣にトレーニングしてきたつもりですが、ここにきて思ったような変化が見えず目標も定まらなくなってきました。『筋量増やしたい!けどカットも出したい!』と短期間で気持ちが変わり結局あまり変われないのが現状」というメッセージ付きでコーチングにお申し込みいただきました。 Yasuさんご自身で感じられていたように、トレーニング経験を積んで筋力・筋肉量が増えると、漫然とトレーニングを続けても変化を望めなくなります。

Scroll to Top