8つの自重種目で作る筋力トレーニングプログラム

トレーニング

投稿者 : Andy Morgan

8

逆立ち腕立て 自重 筋力トレーニングこのサイトでは、高重量を扱えるバーベルの基本種目を中心にしたトレーニングを勧めています。筋力を上げて筋肉を増やすために必要な要素を押さえやすく、もっとも着実に結果につなげられる方法だと考えています。
ただ、日本にはバーベルを使えるジムが少なかったり、だれでも自宅にパワーラックが置けるわけではなかったり、少しハードルが高いのも事実です。
筋力トレーニングにはいろいろな方法があり、どのトレーニング方法でも要点を押さえれば身体を鍛えることはできるので、「ヤル気はあるけど環境がない」という人に向けて、シリーズでバーベル以外のトレーニング方法を使ったプログラムを紹介していきます。第1回目は自分の体重だけで行う自重トレーニング種目です。
続きを読む

超回復ってウソ?ホント?

トレーニング

投稿者 : 八百 健吾

15

supercompensation筋力トレーニングに関して情報集めを始めると、必ず出てくるキーワードのひとつに「超回復」があります。
ネットを見ても、本を読んでもあちこちで目にする言葉ですが、実は出どころがハッキリしなかったり、デタラメだと言う人もいたり、ワリと議論のあるテーマでもあります。
トレーニング歴の長い方には「何をいまさら…」という話かも知れませんが、トレーニングを初めて間もない人には役立つこともあるので、トレーニングの入り口に立ったときに実践面で知っておくと良いことをご紹介します。
続きを読む

トレーニングプログラムの作り方

トレーニング

投稿者 : Stuart McRobert

30

リーンゲインズ デッドリフト
実際に効果の出るトレーニングプログラムとは。

続きを読む

ハードなトレーニング

トレーニング

投稿者 : Stuart McRobert

3

ハードなトレーニング AthleteBody.jp

筋肥大を目指すなら筋肉に十分な刺激を与えるため、覚悟を決めてハードなトレーニングをこなさないといけません。

トレーニングは自分次第

トレーニング用品、ジム、プログラム、食べ物、サプリメント、雑誌、DVDなどなど、体形改善のための商品はいろいろとありますが、毎回ハードなトレーニングができるかどうかは自分のヤル気次第。お金で買えるものではありません。

続きを読む

筋肉は休息させるほどに大きくなる

トレーニング

投稿者 : 坂詰 真二

5

リーンゲインズ 超回復 休息筋トレという言葉が一般的になった今でも、世間では筋トレについての誤解が意外に多いことに驚かされます。「筋トレは毎日やらないと効果がない」という考えもその典型のひとつです。

じつは毎日やるくらいならやらないほうがマシです。
皆さんの周りで仕事ができる人は、休日出勤もいとわずに働いていますか?
仕事のできる人ほど意外にしっかり休日を取り、家でのんびりくつろいだり旅行をしたりとリフレッシュし、メリハリを付けているのではないでしょうか?

続きを読む

サイト管理人

Andy Morgan - AthleteBody.jp Facebook Profile Picture 2015

アンディ・モーガン

イギリス出身のダイエットコーチ兼パーソナルトレーナーです。日本に住んで12年。日本が大好きになりました。 欧米のダイエット情報と数百人の英語圏のクライアント指導で得た経験を日本に広めるためノウハウを公開しています。
AthleteBody.jp Kengo Yao 2015

八百 健吾

サイト内で紹介する外国人トレーナーなどの記事の日本語訳を担当しています。 アンディと本橋とチームで内容充実のサイト作りをしていきます。ご期待ください^^
Naoto Motohashi AthleteBody.jp 200×200

本橋 直人

科学的根拠に基づく指導をモットーとしてカナダで活動中のフィットネス指導者です。皆さまに役立つ情報を厳選して発信していきます!

最近のクライアント写真

  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr


クライアント写真一覧を見る

掲載情報についてのご注意

当サイト掲載の情報は、多くのトレーニーに役立てられるよう細心の注意を払っていますが、各個人の状況によって情報の有用性は変わります。ご自身の責任でご活用ください。
また、当サイト掲載の情報は医学的アドバイスではありません。健康面での不安のある方は、医師、理学療法士、管理栄養士など、それぞれの専門家にご相談ください。