AthleteBody.jp

栄養管理の重要度 No.3 微量栄養素・水分

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

14

微量栄養素 ビタミン ミネラル 重要度 ピラミッド AthleteBody.jp

微量栄養素の管理というと小難しくて退屈なイメージがありますが、完全に無視してしまうのは良くありません。できるだけシンプルに、大事なポイントを押さえられるように紹介していきたいと思います。

  • ダイエット中には特に注意が必要ですが、なんとなく元気が出ない、顔色が悪い、空腹感がひどい、睡眠サイクルが安定しないなどの問題があるときは、微量栄養素がうまく摂れていないことが原因かも知れません。
  • 長期にわたって微量栄養素不足が続くと体形改善も思うように進まなくなります。
  • ダイエット中は微量栄養素も不足しやすくなるので、サプリメントを考えるのも良いでしょう。
  • まずは、微量栄養素が摂れる食べ物選びが大切です。その上でマルチビタミンを飲むと手堅く補えるでしょう。食事内容がいい加減だとマルチビタミンを飲んでも解決策にはなりません。
  • 水分補給は、健康、トレーニングのパフォーマンス、脂肪燃焼など色んな所に影響してきます。1日に5回透明な尿を目指しましょう。

ざっくりした概要は上記のとおりです。できるだけ簡潔で実践的な内容になるようまとめてみました。

続きを読む

栄養管理の重要度 No.2 三大栄養素・食物繊維

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

36

三大栄養素 重要度 ピラミッド AthleteBody.jp

重要度ピラミッドの二段目は三大栄養素。もちろん「たんぱく質・炭水化物・脂肪」のことです。
ものすごくシンプルに言うとカロリー収支で体重の増減が決まり、三大栄養素で筋肉と脂肪の増え方・減り方が決まるとも言えます。実際にはもうちょっと奥が深いものですが、三大栄養素を押さえると目標の体形により近道になります。
増量・減量とカロリー収支の設定や、個人差に合わせて、各栄養素の量の決め方について解説します。さらにこのページでは、食物繊維とアルコールについても触れて行きます。

続きを読む

栄養管理の重要度 No1.カロリー

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

41

カロリー 重要度 ピラミッド AthleteBody.jp

カロリー収支と体重変化

筋肉を増やす、体脂肪を減らす、スポーツのための体重維持、競技力の向上などなど、何を目標にする場合でも、栄養管理のパズルを解くのに一番大切なピースはカロリー収支です。

三大栄養素の配分を考えたり、特定の食品を選んで食べたり避けたりする前に、まず自分にとって正しいカロリー摂取量を考えましょう。

続きを読む

栄養管理の重要度ピラミッド

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

1

重要度 ピラミッド AthleteBody.jp

体形改善のための重要度ピラミッド(1=最高重要度 / 5=最低重要度)

筋肉を増やすにも体脂肪を落とすにも、栄養管理を考える場合の優先順位はハッキリしています。ここがしっかり理解できていないと、必要のない出費が増えたり、ムダな努力に時間を費やすことにつながったりします。

続きを読む

バルクアップ夢中症

ブログ

投稿者 : Andy Morgan

12

Dream-Bulk-Powder-v1.1

夢を叶えるウェイトゲイナー「1000kcal + たんぱく質50g」

【名詞 / 病名】

読み方:ばるくあっぷ むちゅう しょう
英語:Dreambulkeritis

冬期、ウェイトトレーニングに熱心なヒト(通常男性)の間で流行するカン違いの症状。
筋肉量を増やすためにトレーニングをして、ガンガン食べて増えた体重はほとんど筋肉であり、若干増える体脂肪は春になって少し減量をすれば、フィットネス雑誌のモデルのようなバキバキの身体が手に入ると考えている。

続きを読む

ビフォーアフター写真集

ブログ

投稿者 : Andy Morgan

3

スピーカーをONにしてフルスクリーンで観てください。

2013年も終わりを迎えました。英語版サイトRippedBodyをスタートして2年半。AthleteBodyも1歳半になりました。
サイトに載せているダイエットガイドやその他のフィットネス関係の記事は多くの人に読んでもらって、ネット上でも、実生活でもリーンゲインズを実践しているという声を聞けるようになり、本当に嬉しく思っています。
普段は体験談のページで紹介しているクライアントさんの写真をビデオにまとめました。

続きを読む

ダイエット休みで急がば回れ

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

23

ダイエット休み

「欲しいものはいますぐ買って、クレジットカードで後払い」が当たり前の世界になりました。便利になった反面、私たちはどんどん待つことができなくなっています。
身体づくりにしても、みんないますぐバキバキになりたいと思っていますが、ハッキリ言ってしまうと、こういう姿勢でダイエットに望むと遅かれ早かれ失敗が待っています。

フィットネスや身体づくりのゴールを考えるときには、「1歩下がって2歩進む」のが必要なことがよくあります。

続きを読む

腹筋

トレーニング

投稿者 : Mark Rippetoe

21

腹筋 腹直筋ウェイトトレーニングの誕生以来、腹筋ほど世界中で実際のトレーニングに集中するのを妨げている物はありません。
私自身も含めて、腹筋ほど多くの人がトレーニングにムダな時間を費やしたり、ケガを招いたりしている物はありません。他に強いてあげれば上腕二頭筋くらいでしょう。
もう少し言うと、腹筋への執着だったり、体の構造上の腹筋が果たす役割の理解不足だったり、腹筋を鍛える方法をカン違いしていたりするのがジャマをしているのです。
運動科学などの型にハマったタイプや、パソーナルトレーナーや、それこそ見た目を追いかけてトレーニングをする人すべての反対にあう内容が出てくると思いますが、それで構いません。
思いの丈を綴る中で、この記事を読む人の役に立つことがあるかも知れません。

続きを読む

ダイエット中の食事量の減らし方とタイミング

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

25

ダイエット中の食事量の減らし方とタイミング AthleteBody.jp

前回の記事「ダイエット中に食事量の調整が必要なワケ」からの続編です。

ダイエットを始めてしっかり計画通りの生活を送っているのに、もう2〜3週間ほど体脂肪が落ちていない。よく眠れているし、仕事や家庭で目立ったストレスもない。
ここからさらに成果を上げるには、食事量の調整を考えてみるタイミングかも知れません。詳細な調整方法も解説していきますが、重要な原則がひとつ。

「体脂肪が落ちていく範囲で、できる限りカロリー収支のマイナス幅を小さく保つ」

ダイエット中のカロリー摂取量をできるだけ高く保つのが重要なのは、大きく分けて三つの理由があります。

続きを読む

ダイエット中に食事量の調整が必要なワケ

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

2

ダイエット中に食事量の調整が必要なワケ AthleteBody.jp

ダイエット中の三大栄養素の摂取量調整について、前編・後編に分けて説明して行きたいと思います。

  • 前編:ダイエットが進むにつれて食事量の調整が必要になる理由(このページ)
  • 後編:実際に食事量を変えるタイミングとそのやり方

後編では実践的な調整法を紹介しますが、まずはこちらを読んで、後編と合わせて全体的に理解するようにしてください。

続きを読む

サイト管理人

Andy Morgan - AthleteBody.jp Facebook Profile Picture 2015

アンディ・モーガン

イギリス出身のダイエットコーチ兼パーソナルトレーナーです。日本に住んで11年。日本が大好きになりました。 欧米のダイエット情報と数百人の英語圏のクライアント指導で得た経験を日本に広めるためノウハウを公開しています。
AthleteBody.jp Kengo Yao 2015

八百 健吾

サイト内で紹介する外国人トレーナーなどの記事の日本語訳を担当しています。 アンディと本橋とチームで内容充実のサイト作りをしていきます。ご期待ください^^
Naoto Motohashi AthleteBody.jp 200×200

本橋 直人

科学的根拠に基づく指導をモットーとしてカナダで活動中のパーソナルトレーナー&指圧セラピストです。皆様のフィットネスライフに役立つ情報を厳選して発信していきます!

最近のクライアント写真

  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr


クライアント写真一覧を見る

掲載情報についてのご注意

当サイト掲載の情報は、多くのトレーニーに役立てられるよう細心の注意を払っていますが、各個人の状況によって情報の有用性は変わります。ご自身の責任でご活用ください。
また、当サイト掲載の情報は医学的アドバイスではありません。健康面での不安のある方は、医師、理学療法士、管理栄養士など、それぞれの専門家にご相談ください。