AthleteBody.jp

誤差だらけの体脂肪率 Part2 水中体重測定法

ダイエット

投稿者 : James Krieger

14

誤差だらけの体脂肪率 Part2 水中体重測定法 AthleteBody.jp

体脂肪測定法シリーズの第2弾です。初回記事に用語の解説があります。

水中体重測定法は、長い間2コンパートメントモデルのゴールドスタンダードとされてきました。
これは水で満たしたタンクの中で、体重と身体の体積を計測する方法です。(身体が押しのける水の量で身体の体積が求められる)
除脂肪量は脂肪よりも密度が高く、同じ体積なら重くなります。そして、脂肪は水に浮く傾向がありますが、除脂肪量は沈む傾向があります。
この原理を使って身体の密度を計算し、この数値を基に脂肪量と除脂肪量を推定します。

続きを読む

誤差だらけの体脂肪率 Part1 推定値のカラクリ

ダイエット

投稿者 : James Krieger

0

体脂肪率 測定 精度ダイエットに興味のあるなしに関係なく、体脂肪測定をされたことのある人はたくさん居ると思います。
体脂肪の測定方法はいろいろあって、測定結果の正確性もまちまちです。手間もコストも違ってきます。
これまでの記事でも市販の体組成計は頼りにならないという話をしてきましたが、それでもクライアントさんや読者さんから日常的に体脂肪率の話が出てきます。
そもそも体脂肪率の数字にとらわれない方が幸せになれるかなと思いますが、今回はいろんな測定方法の誤差を徹底的に検証した記事を日本語訳してご紹介します。

「ジムで測ったら体脂肪率19.8%で基礎代謝は1552kcal、何kcal食べれば良い?」というような質問をネット上でよく見かけますが、その数字は本当に信じていいのか?
「ある程度の誤差は承知の上。ダイエットの経過チェックに使うだけ。今月は0.8%下がった」なんて話もよく聞きます。ある程度の誤差とはどの程度なのか?

専門用語も混じって少し難しい話も出てきますが、一般的な物から精度をウリにしている測定方法までシリーズで掲載していきます。体脂肪率の数字をスッキリ忘れるキッカケにしてもらえれば嬉しいです。

続きを読む

栄養管理の重要度 No.5 サプリメント

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

11

サプリメント 重要度 ピラミッド AthleteBody.jp

「寄り目」ってできますか?苦手な人は度の合わないメガネでも掛けてみてください。
画面がボヤけて見えたら、このピラミッドがイチゴの乗ったショートケーキだとイメージしてください。
ここでちょっと考えて欲しいんですが、もしこのケーキのスポンジ部分がウンコ・鼻クソ・泥・おがくずの層で出来ていたとしたら、上にキレイなイチゴを乗せてもおいしいケーキにはならないですよね?
おかしな例え話ですが、サプリメント業界はみんなに「イチゴがあれば何とかなる」と思わせようとしています。

続きを読む

アナボリックステロイド卒業ダイエット

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

0

ボディビル アナボリックステロイド 筋肉増強剤

2012年12月にRippedBody.jpに掲載された英語記事の翻訳版です。
海外と比べて日本ではアナボリックステロイドの使用は一般的ではないので、AthleteBodyに掲載する必要性を感じていなかったんですが、当サイトの体験談ページの写真について、ネット上で「絶対クスリを使っている」というようなコメントをときどき見かけます。
「スゴい結果が出ている」という感想の裏返しとも取れるので、特に気にしていなかったんですが、身体づくりに馴染みの無い方が「あんな身体になるにはクスリが要るのか」と思うキッカケになると困るのでスッキリさせておきたいと思います。

続きを読む

栄養管理の重要度 No.4 食事回数・タイミング

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

21

サプリメント 重要度 ピラミッド AthleteBody.jp

ちょっと食事のタイミングを変えるだけで、筋肉が付く、体脂肪が減る、身体が変わるなんてオイシイことが起こるなら、ついつい試してみたくなるものです。
この業界でモノを売る側に居る人たちはよく心得ていますので、そういう人のナマケ心に付け込んだ商品を用意して待っています。小さなポイントを抜き出して、それらしい実験結果を添えていることが多いですが、この栄養管理ピラミッドの重要度ランキングが逆に見えるような商品を見たら、うさん臭いと思うようにすると間違い無いでしょう。

続きを読む

レジスタンストレーニング「漸進性過負荷の原則」

ブログ

投稿者 : 河森直紀

20

Athletebody.jp レジスタンストレーニング「漸進性過負荷の原則」

今回はゲスト記事のご紹介です。
サイト内のリンクページでも紹介している河森直紀S&Cコーチが、AthleteBody.jpの読者さんに向けて書いてくれました。
河森コーチは、国内でスポーツ科学を学んだ後、海外の大学院に留学され博士号まで取得されました。自身のブログで科学的研究の論文レビューなどを掲載される一方で、日本のトップアスリートのS&Cトレーニング指導を行う、まさに筋力トレーニングの「博士」です。
今回のテーマは「トレーニングの原則」です。少し長いですが、要点をまとめると以下のとおり。

  • 少しずつ負荷を上げて、身体を適応させて行くことが不可欠。
  • どういう能力を伸ばしたいかで負荷の種類や上げ方を考える。
  • ずっと同じ負荷で続けるのは「運動」で、「トレーニング」とは呼ばない。

当たり前のように聞こえるかも知れませんが、しっかり実践できているかは別の話。トレーニングで結果を出したい人、身体を変えたい人は押さえて欲しいとっても大事な基礎の話です。

続きを読む

失敗は成功の基 Part1 食事量を把握する

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

0

リーンゲインズ 肉体改造 マックス

サイト上に公開しているガイドは、科学的に分かっていることを押さえつつ、すぐ実生活に使えるように気を付けています。
多くのクライアントさんを見ていると、計画通りに進まないことも出てきます。読者のみなさんの肉体改造もうまく進まないときが出てくるかも知れません。
こういう個人に合わせた指導経験ひとつひとつが、実践的なガイドづくりに大いに役立っているんですが、できるだけ多くの人に使えるようにサイトづくりをしていると、どうしても省略してしまう場所も出てきます。
これから「失敗は成功の基」と題して、クライアントさんの指導の中で得た教訓をシリーズで紹介していきたいと思います。

続きを読む

栄養管理の重要度 No.3 微量栄養素・水分

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

14

微量栄養素 ビタミン ミネラル 重要度 ピラミッド AthleteBody.jp

微量栄養素の管理というと小難しくて退屈なイメージがありますが、完全に無視してしまうのは良くありません。できるだけシンプルに、大事なポイントを押さえられるように紹介していきたいと思います。

  • ダイエット中には特に注意が必要ですが、なんとなく元気が出ない、顔色が悪い、空腹感がひどい、睡眠サイクルが安定しないなどの問題があるときは、微量栄養素がうまく摂れていないことが原因かも知れません。
  • 長期にわたって微量栄養素不足が続くと体形改善も思うように進まなくなります。
  • ダイエット中は微量栄養素も不足しやすくなるので、サプリメントを考えるのも良いでしょう。
  • まずは、微量栄養素が摂れる食べ物選びが大切です。その上でマルチビタミンを飲むと手堅く補えるでしょう。食事内容がいい加減だとマルチビタミンを飲んでも解決策にはなりません。
  • 水分補給は、健康、トレーニングのパフォーマンス、脂肪燃焼など色んな所に影響してきます。1日に5回透明な尿を目指しましょう。

ざっくりした概要は上記のとおりです。できるだけ簡潔で実践的な内容になるようまとめてみました。

続きを読む

栄養管理の重要度 No.2 三大栄養素・食物繊維

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

33

三大栄養素 重要度 ピラミッド AthleteBody.jp

重要度ピラミッドの二段目は三大栄養素。もちろん「たんぱく質・炭水化物・脂肪」のことです。
ものすごくシンプルに言うとカロリー収支で体重の増減が決まり、三大栄養素で筋肉と脂肪の増え方・減り方が決まるとも言えます。実際にはもうちょっと奥が深いものですが、三大栄養素を押さえると目標の体形により近道になります。
増量・減量とカロリー収支の設定や、個人差に合わせて、各栄養素の量の決め方について解説します。さらにこのページでは、食物繊維とアルコールについても触れて行きます。

続きを読む

栄養管理の重要度 No1.カロリー

ダイエット

投稿者 : Andy Morgan

37

カロリー 重要度 ピラミッド AthleteBody.jp

カロリー収支と体重変化

筋肉を増やす、体脂肪を減らす、スポーツのための体重維持、競技力の向上などなど、何を目標にする場合でも、栄養管理のパズルを解くのに一番大切なピースはカロリー収支です。

三大栄養素の配分を考えたり、特定の食品を選んで食べたり避けたりする前に、まず自分にとって正しいカロリー摂取量を考えましょう。

続きを読む

サイト管理人

Andy Morgan - AthleteBody.jp Facebook Profile Picture 2015

アンディ・モーガン

イギリス出身のダイエットコーチ兼パーソナルトレーナーです。日本に住んで11年。日本が大好きになりました。 欧米のダイエット情報と数百人の英語圏のクライアント指導で得た経験を日本に広めるためノウハウを公開しています。
AthleteBody.jp Kengo Yao 2015

八百 健吾

サイト内で紹介する外国人トレーナーなどの記事の日本語訳を担当しています。 アンディと本橋とチームで内容充実のサイト作りをしていきます。ご期待ください^^
Naoto Motohashi AthleteBody.jp 200×200

本橋 直人

科学的根拠に基づく指導をモットーとしてカナダで活動中のパーソナルトレーナー&指圧セラピストです。皆様のフィットネスライフに役立つ情報を厳選して発信していきます!

最近のクライアント写真

  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr


クライアント写真一覧を見る

掲載情報についてのご注意

当サイト掲載の情報は、多くのトレーニーに役立てられるよう細心の注意を払っていますが、各個人の状況によって情報の有用性は変わります。ご自身の責任でご活用ください。
また、当サイト掲載の情報は医学的アドバイスではありません。健康面での不安のある方は、医師、理学療法士、管理栄養士など、それぞれの専門家にご相談ください。