Subscribe
Notify of
guest
17 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
CX
CX
2018年3月12日 9:50 pm

こんばんは。質問があります。

5月で筋トレを始めて1年になります。1年間減量をしながらトレーニングをしてきてお腹に3つの縦線とほんの少しだけ腹筋が見えるくらいまでになりました。
(しかし座るとお腹の脂肪がボヨンと前に出てきます)

もう少し落としてゆっくり増量しようと思うのですが、僕みたいに1年トレーニング歴がある人間が月に増やせる筋肉量は1〜1.5kgくらいと考えてよろしいのでしょうか?

八百 健吾
八百 健吾
返信先:  CX
2018年3月12日 10:09 pm

CXさん、コメントありがとうございます。

CXさんが1年間トレーニングを続けてこられた過程で筋肉が増えている可能性が高いと思います。その場合、完全な初心者と同じだけの伸び代は期待しにくいかもしれません。
ただ、筋肉の増え方には大きな個人差があるので、減量を終えたときに月1kgのペースで筋肉を増やせる可能性はないとも言えません。

減量後は、徐々に食事量を戻していきながら体重・身体のサイズ・挙上重量の変化を確認して、実際の経過に合わせて調整されるのが良いと思います。

kogiee
kogiee
2017年7月20日 10:39 pm

こんにちは!いつも参考にさせていただいてます。以前はコメントの返信ありがとうございました。

私は中途半端のタイプで、そこからガリガリの増量を参考にするということで表をみたのですが、カロリー収支のプラス200〜300などの数字は1ヶ月毎に増やすという解釈でしょうか?

八百 健吾
八百 健吾
返信先:  kogiee
2017年7月24日 9:56 pm

kogieeさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

筋肉を増やせるペースの見込みは1ヶ月あたりで、カロリー収支は1日あたりの数字です。
すみません、読み取りにくかったかもしれません。
どのくらいのペースでカロリー摂取量を上げていくのが良いかは、人によって違いがあるので、実際の身体の変化を見ながら調整してもらうのが良いと思います。

シナモンロール
シナモンロール
2015年1月12日 8:55 am

肉体改造 体形別コース設定Part2 の記事、ありがとうございます。
肉体改造 体形別コース設定Part3も楽しみにしております。

お手すきの際に、http://rippedbody.jpの記事をお願いします。
http://rippedbody.jp/cant-count-letter-two-soldiers-afghanistan/
カロリーを把握できない場所で、どんなリーンゲインズををやったのか気になって眠れません。よろしくお願いいたします。

八百 健吾
八百 健吾
返信先:  シナモンロール
2015年1月13日 6:34 pm

シナモンロールさん、こんにちは。

いまPart3の編集作業中です。今週中には掲載しようと思ってます^^

リクエストもありがとうございます。
他の読者の方のために補足しておくと、上記のリンク先(英語)でアフガニスタンに派遣されていたイギリス兵2名からもらったメールをそのまま公開しています。
ときどき各国の軍人さんからコーチングの申し込みをもらって指導させていただくんですが、特に個人情報の取り扱いがデリケートなので、サイト上にご紹介できる機会がありませんでした。
我々一般市民とは違って、現地ではもちろん自由に食べ物を選ぶことができないので、食事量のコントロールに苦労しつつもRippedBody.jpを読みながらリーンゲインズを実践された体験が書かれています。

この記事はいつもと趣向が違っておもしろいんですが、他の記事の予定が詰まっていて、日本語訳を掲載できるのは少し先になるかなと思います。すいませんm(_ _)m

M.S
M.S
2015年1月12日 1:28 am

お久しぶりです。
以前、質問に答えて頂いてありがとうございました!
疑問なのですが、記事にあるsadaakiさんやタケシさんの肉体は素晴らしいのですが、遺伝的限界で薬物を使用しない限りジェイカトラーのような肉体にはどんなにトレーニングしてもなれないということでしょうか?

Andy Morgan
Andy Morgan
返信先:  M.S
2015年1月13日 4:47 pm

Hi M.S. Long time since you last commented and good to hear from you.

The average Mr Olympia drug bill was estimated to be $100,000 – this was 8 years ago. God knows what it must be now.

The difference between the Olympia & many professional competitions vs the tested ones (the JBBF is one), is that with the former they can use drugs all year round. In the case of the latter there is a very limited window where they can be used or it becomes impossible to hide it.

You can see the difference year-round ad-lib use makes very clearly when you look at the size difference between, Hidetada Yamagishi (for example – I’m not picking on him by any means), when he finished competing in Mr Japan after deciding to turn pro, and two years later entered the Olympia. 40lbs of muscle gain or something.

The only thing stopping people is the cost for more drugs vs the risk of irreversible damage to health (and death).

八百 健吾
八百 健吾
返信先:  Andy Morgan
2015年1月13日 6:22 pm

M.S.さん、お久しぶりです。アンディのコメントを訳しておきます。

オリンピアに出場する選手は平均してドラッグに10万ドル(約1000万円)程度掛けると言われています。この数字は8年前の見積もりなので、いまはさらにエスカレートしているかもしれません。

オリンピアなどのプロボディビルでは一年中ドラッグを使えるのに対して、ドーピングテストのあるコンテスト(JBBFなど)では、ムチャをすると隠せなくなるので、使える期間が限られてしまうという違いがあります。

1年中好きなだけドラッグを使えることがもたらす差は明らかです。例えば山岸秀匡選手は、ミスター日本からプロに転向して2年後にオリンピアに出場するまでに40lbs(約18kg)筋肉量を上げたとかいう話です。
特に山岸選手をやり玉にあげるわけではなく、そういう世界だということです。

費用はもちろん、命の危険も含めた取り返しのつかない健康リスクがあるので、誰にでもできることではありませんが。

M.S
M.S
返信先:  八百 健吾
2015年1月13日 9:59 pm

アンディさん、八百さん、お返事ありがとうございます。
以前記事にあった「チャンピオンのようにいかないわけ」でドーピングに知識がなかった私はとても衝撃的だったので薄々そういう現実があるというのは分かっていましたが、はっきり書いてもらえたのでスッキリしました。
遺伝的限界まで筋肉が増えたとき、ナチュラルな人はもう出来ることは無いのですか?

八百 健吾
八百 健吾
返信先:  M.S
2015年1月15日 5:35 pm

遺伝的限界まで筋肉をつけたら、その先はその身体を維持するのが一番の目標でしょう。カンタンなことではありません。

実際に自分の限界にたどりつくのも長い道のりです。あまり悲観せず、そこまでの過程を楽しむのが大切と思います。

kihara
kihara
2015年1月9日 1:04 pm

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

今年も、役に立つ情報、ダイエット・体型改善の迷路から抜け出せる情報の提供を期待しております!

さて、私のBIG3の記録も、マーティン・バークハンさんの目安に近づいてきました。ようやく、中級者の末席に座らせてもらえそうです。

以前も、確認させていただきましたが、この目安は、1rep 、1回で挙げることができる最大挙上重量という理解で良かったんですよね?

私は、今、中級者目安の75%~80% で5回×5セット、スクワットの40%くらいで時々クイックリフトをしています。

今年の目標は、もうひと絞りして完璧に腹筋の形を出します!!

ただ、正月の餅が美味しすぎて美味しすぎて。。。
餅を一番最初に作った人は、天才だと思います(笑)。

では、今年も皆様、楽しく笑顔で目標に近づいていきましょう~ヽ(^o^)丿

今年もよろしくお願いします。

八百 健吾
八百 健吾
返信先:  kihara
2015年1月9日 4:16 pm

kiharaさん

明けましておめでとうございます。

はい、記事内の表にまとめているマーティンの筋力目安表は1回ギリギリ挙げられる重量です。
実際に1回がギリギリの重量でトレーニングする機会は少ないと思いますが、5回5セットで目安の数字を挙げられる頃には、十分クリアしてお釣りがくる感じですね。

お餅いいですねー。ボクもハマってます。きな粉よりしょう油が好きです。
親がお餅屋さんで買った丸餅をくれたんですが、パックに入った切り餅とはちょっと味が違う気がします。やっぱり餅は餅屋ですね(笑)

kihara
kihara
返信先:  八百 健吾
2015年1月9日 6:51 pm

八百さん、

 そうなんですよねー。田舎から、つき立てのお餅を真空パックで送ってもらえるのですが、市販の餅と比べて、のびと風味が全然違います!

 でも、あの量のもち米をついて、こねて・・・と考えると、食べ過ぎに注意しないと(T_T)…。

 

 実は、昨年の後半に、ネットで100キロのバーベルとベンチ、スクワットスタンドを購入しました。

 今は、基本的にホームジムがメインで、時々、クラブに通いフォームチェックや疑問点をアドバイスしてもらっています。

 ホームジムの利点は、たいていのクラブで禁止されてる動画撮影が可能なところです。

 改めて自分のフォームを見ると、デッドの時に左手の方が下がっているとか、ベンチの時にバーが若干斜めになってる、など自分で確認できます。

 また、次にパワーラックを待ってる人の視線を気にせず、十分にインターバルを取ることができるのもいいですね。

 デメリットとしては、やはりモチベーションの維持が難しいです。

 クラブに行けば、やるしかないですし、親切なスタッフの方や、筋トレ仲間に会うと、自然とヤル気も起きてきます。

 家ではひたすら自分との戦いです。重い腰を上げるのは、なかなか根性がいる時もあります。ただでさえ、今は、お餅のせいでさらに腰もお尻もお腹も重くなってますし(笑)。

 そして一番、気を付けたいデメリットは、やはり安全性です。

 ホームジムで潰れた場合は誰も助けてくれません。誰かいたとしても、母親に50kgのバーベルをどけてくれ、とも言えませんし(笑)。

 ただし、逆に言えば、いつも緊張感をもって、集中して挙げることができるともいえます。

 確か、八百さんもホームジムとフィットネスジムで両立されてましたよね?

 もし、何かアドバイス、豆知識があればお願いします。

kihara
kihara
返信先:  八百 健吾
2015年1月9日 6:54 pm

あ、ちなみに、リンクにあるOKWさんの「引き籠もりホームジム」も参考にさせていただきました!!

八百 健吾
八百 健吾
返信先:  kihara
2015年1月10日 1:18 pm

kiharaさん

ホームジムおめでとうございます!
ジム作りは楽しいですよね。トレーニング用品えらびにはこのサイトも参考になると思います。

アンディも「ホームジムはモチベーションが保てるかが問題」と言います。この記事で話しているように強い人に囲まれる環境がないということですね。
ボク自身はそう感じたことがありません。ジムは完全にトレーニング目的でしか入らない部屋になっているので、その空間にいるとトレーニングのことしか考えません。職場で飲み会をしないように、そういう線引きができるかは大切な要素なのかなと思います。

kihara
kihara
返信先:  八百 健吾
2015年1月11日 4:12 pm

八百さん、

 アドバイスありがとうございます。

 そうですね。ウォーミングアップが、気持ちをトレーニングに切り替えてメインセットに集中していく、というのと同じで、その部屋に入ると、ピシっと気持ちが入るような環境を維持することが大事だと思いました。

 参照サイトもご提示いただきまして、ありがとうございます。

 参考にさせてもらいます!

 あと、餅の量は減らして、挙上重量が増えるように頑張ります!(笑)

Scroll to Top