筋肉痛で筋肉は強くならない

スクワット トレーニング 筋肉痛 エキセントリック収縮ウェイトトレーニングをすると筋肉痛が起こります。それがイヤでトレーニングを避けたがる人は少なくありません。
ランニングでも筋肉痛は起こりますが、ウェイトトレーニングのように全身に痛みがくることはありませんし、程度もそこまでひどくなりません。ランニングの方が人気がある一因です。また、自転車をこいでも筋肉痛は起こらないと気付いて、運動不足解消のためウェイトトレーニングやランニングではなくサイクリングを選ぶ人もいます。
しかし、信じられないと思うかもしれませんが、筋肉痛になりたくて運動する人もいるのです。そういう人たちは筋肉痛を勲章のように捉え、筋肉痛がなければ伸びはないと考えていたりします。

続きを読む

eBook公開!肉体改造のピラミッド 〜トレーニング編〜

肉体改造のピラミッド トレーニング編

しばらくサイト記事の更新を休んでいましたが、その間1ヶ月ほど掛けて制作していたeBookができ上がりました。名付けて「肉体改造のピラミッド」です。
サイト内に栄養管理のピラミッドというシリーズ記事を掲載していますが、それのトレーニング編という位置付けです。
今回はブログ記事にするには情報量が多いのでeBookという形式です。特に時間と手間を掛けて、外部の方のご協力もいただいて完成にこぎつけたので、商品化しようかという話もありましたが、やはり無料公開することにしました。
ココから一部分サンプルとしてご覧いただけます。この投稿の最下部にあるフォームにメールアドレスをご記入いただくとダウンロード用のリンクをお送りします。

続きを読む

月刊 AthleteBody.jp ダイジェスト

新しい企画として、メールのニュースレターを始めることにしました。これまでも一応メール配信は行っていたんですが、新しい記事が公開されたときに自動的に送信されるお知らせメールでしかありませんでした。
サイトづくりをしていると、まだ記事にしていないフィットネス情報を見つけたり、公開前の記事づくりであれこれ頭を悩ませていたり、サイトに掲載はしていない部分で考えることがいろいろ出てきます。
毎月1回のニュースレターで、今後の更新予定や、現在進行中の企画などをダイジェスト形式にまとめてお送りしたいと思います。
記念すべき(?)第一回目の今日は、サンプルとしてここに掲載します。こんな感じのニュースレターを月に1回読んでみたいと思われた奇特な方は、上のフォームからメールアドレスを登録してください。

続きを読む

体形改善のための有酸素運動の使い方

Rowing-Cardio-Fat-Loss-1有酸素運動は時間効率の悪い運動です。ほとんどの男性は腹筋が見えるまで絞るのに有酸素運動は必要ありません。なにか趣味でスポーツをしているような人も、体脂肪を落として筋力を上げることで大多数の人が十分満足できるフィットネスレベルに到達できます。やみくもに有酸素運動を取り入れると身体の回復力を削ることになったり、本来の目的を見失うことにつながったりしがちです。

続きを読む

リフティングベルトを科学する

リフティングベルト 筋力トレーニング

リフティングベルトを使ったトレーニングの効果、利点、問題点に関して、インターネット上で読める中で、ほぼ間違いなく最も広くカバーした記事です。

長くなるので、要点だけまとめると以下のとおりです。

  • ベルトを使うとジムでのパフォーマンスが上がる。
  • パフォーマンス向上は、長い目で見ると筋力・筋肉量の伸びにつながる。
  • ベルトを使わずにトレーニングするのが良い場面はあるものの、トレーニングの大部分でベルトを使う利点がある。

記事からのリンク先はすべて英語ページです。

続きを読む

グルタミンは筋肉に効かない

Tablet with the chemical formula of Glutamine  . Amino acids.今日は、新たな「ゲスト投稿者」としてExamine.comというウェブサイトを紹介します。
Examine.comはいち個人ではなく、数多くの専門家が集まり、あらゆるサプリメントに関するエビデンスを集め、使えるサプリメント、使えないサプリメント、摂取方法などを網羅した巨大なデータベースを作っています。
アンディが創設者のひとりと知り合いで翻訳記事を掲載できることになりました。
基本的にサプリメントにはヤル気のないAthleteBody.jpですが、興味を持つ人は絶えませんし、「効かない、要らない」という情報が役に立つ人もいると思うので、ときどきご紹介していこうと思います。今日は、「グルタミンは効かない」という話です。

続きを読む

広背筋を鍛える懸垂徹底ガイド

懸垂 チンアップ プルアップ

懸垂は上背部を鍛えるのにとても効果的です。もうみなさんよく分かっていると思うので、くどくど説明しませんが、懸垂はキツいです。ジムでも良いフォームで懸垂をしている人を見る機会は少なく、ラットプルダウンマシンが人気なのも、懸垂がキツいからでしょう。
これから懸垂に迷う人がなくなるよう、この記事では以下の項目を解説します。

  • 最適なトレーニング効果を狙うための負荷調整ガイド
  • まったくの初心者からベテラントレーニーまでカバーするプログラミング
  • チンアップとプルアップの使い分け
  • よくあるフォームの間違いと、長い目で見て関節を痛めないための注意点

続きを読む