体形改善のための有酸素運動の使い方

Rowing-Cardio-Fat-Loss-1有酸素運動は時間効率の悪い運動です。ほとんどの男性は腹筋が見えるまで絞るのに有酸素運動は必要ありません。なにか趣味でスポーツをしているような人も、体脂肪を落として筋力を上げることで大多数の人が十分満足できるフィットネスレベルに到達できます。やみくもに有酸素運動を取り入れると身体の回復力を削ることになったり、本来の目的を見失うことにつながったりしがちです。

続きを読む

リフティングベルトを科学する

リフティングベルト 筋力トレーニング

リフティングベルトを使ったトレーニングの効果、利点、問題点に関して、インターネット上で読める中で、ほぼ間違いなく最も広くカバーした記事です。

長くなるので、要点だけまとめると以下のとおりです。

  • ベルトを使うとジムでのパフォーマンスが上がる。
  • パフォーマンス向上は、長い目で見ると筋力・筋肉量の伸びにつながる。
  • ベルトを使わずにトレーニングするのが良い場面はあるものの、トレーニングの大部分でベルトを使う利点がある。

記事からのリンク先はすべて英語ページです。

続きを読む

グルタミンは筋肉に効かない

Tablet with the chemical formula of Glutamine  . Amino acids.今日は、新たな「ゲスト投稿者」としてExamine.comというウェブサイトを紹介します。
Examine.comはいち個人ではなく、数多くの専門家が集まり、あらゆるサプリメントに関するエビデンスを集め、使えるサプリメント、使えないサプリメント、摂取方法などを網羅した巨大なデータベースを作っています。
アンディが創設者のひとりと知り合いで翻訳記事を掲載できることになりました。
基本的にサプリメントにはヤル気のないAthleteBody.jpですが、興味を持つ人は絶えませんし、「効かない、要らない」という情報が役に立つ人もいると思うので、ときどきご紹介していこうと思います。今日は、「グルタミンは効かない」という話です。

続きを読む

広背筋を鍛える懸垂徹底ガイド

懸垂 チンアップ プルアップ

懸垂は上背部を鍛えるのにとても効果的です。もうみなさんよく分かっていると思うので、くどくど説明しませんが、懸垂はキツいです。ジムでも良いフォームで懸垂をしている人を見る機会は少なく、ラットプルダウンマシンが人気なのも、懸垂がキツいからでしょう。
これから懸垂に迷う人がなくなるよう、この記事では以下の項目を解説します。

  • 最適なトレーニング効果を狙うための負荷調整ガイド
  • まったくの初心者からベテラントレーニーまでカバーするプログラミング
  • チンアップとプルアップの使い分け
  • よくあるフォームの間違いと、長い目で見て関節を痛めないための注意点

続きを読む

睡眠不足でダイエットは失敗する

睡眠 肉体改造 筋肉 脂肪

睡眠不足は肥満改善のための食事管理の効果に悪影響を及ぼす(英語リンク)

今回の記事で言いたいことは、この論文のタイトルがすべて語っています。

睡眠について話をすると、どうしても説教くさくなってしまいがちです。
「新しいトレーニング方法やダイエット方法が見つかった」なんて話題ほど刺激的な内容にならないので、十分にスポットライトが当らないテーマですが、十分な睡眠をとるのは絶対に欠かせないことです。
記事を何回かに分けてシリーズ化するかもしれませんが、まずは数字を使って捉えどころのある話から入りたいと思います。

続きを読む

リーンゲインズやめました

リーンゲインズサイト内の栄養管理の記事タイトルから「リーンゲインズ」という言葉を削りました。リーンゲインズに特化した内容の記事はそのまま残していますが、今後はおそらくリーンゲインズに特化した記事を書くことはないと思います。
「リーンゲインズは効果がないからもうヤメた」ということではありません。ただ、「AthleteBody.jp=リーンゲインズ」ではなく、「使える情報を広く扱っていきます」という話です。

続きを読む

肉体改造にブランドは必要か?

フィットネス業界のウソ3ダイエットって大半が失敗します。うまく体重・体脂肪を落とせたとしても、その大半がリバウンドして元に戻ってしまいます。
ちゃんとプランを立てて少していねいに進めれば、ダイエットの苦痛もリバウンドの心配も小さくできるんですが、やっぱり目先の変化に目が行きがちです。
最近、とにかく短期間で思い切り体重を落として、ハデな前後比較写真をバラまいているプライベートジムがあります。大きなブランドになって、一般の人には「ここに入会さえすれば変われるかも」と考える人も少なくないですが、実際は無責任な販売戦略です。

続きを読む