自分を知るダイエット経過チェック

投稿者 : Andy Morgan

ダイエット 体脂肪 経過

ストレスを溜めないための客観的な経過チェック術

体脂肪を落とすにしても、筋肉を増やすにしても、目標達成に向けて前進していくには、経過を見て自分がどこに居るかを知るのが欠かせません。
「もっと体重が落ちて欲しい」とか「筋力が上がっていると思いたい」など、感情に左右されず、客観的に状況を見て、何か変える必要があるかを考えるのが大切です。
4週間ごとの区切りでデータを振り返って目指す方向に進んだかチェックします。要点を押さえればとても難しくはありませんが、体重計と鏡だけでは正確に判断ができません。今回はなぜ経過チェックが大切なのか、何をチェックすれば良いのかを紹介します。

なぜ経過観察が大切か?

経過チェックの必要性をお話するのに、アンディのまわりで実際にあったエピソードを紹介したいと思います。

アンディの通うジムでトレーナーをされているルイさんという方が、自身2回目のボディビルイベントに向けて減量をされていました。イベントが近付いているのに体脂肪12%あたりから思うように進まないと悩まれていました。

アンディがそこまでの経過を聞いたところ、ルイさんの経過チェックの方法は体重計と鏡で腹筋の割れ具合を見ているということでした。
アンディはその日もう一度ジムへ戻り、ルイさんに経過チェックの重要性を話し、手元に1つだけ残っていた予備のテープメジャーをルイさんに渡し、使うよう頼みました。
ルイさんはクライアントではありませんが、彼の懸命な姿にアンディは何かせずにはいられなかったようです。

それから8週間たったある日、アンディが自分のトレーニングを終えようとしていると、ルイさんがペンとメモ帳を片手に「真剣にリーンゲインズについて教えて欲しい」とやって来ました。
彼の服をまくってみると、体脂肪はおよそ9%。イベントはあと1週間後にせまり、いまから取り返せないことはルイさんも分かっていました。どんな食事をしているのか聞いてみると…。

ルイ:毎日鶏ムネ肉を約300グラム。炭水化物を約100グラム。脂肪はゼロかできる限り少なくしている。

アンディ:じゃ、だいたい1日1000kcalくらいだね。脂肪が落ちなくなったのは、基礎代謝が落ち込んでしまったからだよ。それ以上食べる量を減らすこともできないし、おそらくだけど、性欲も感じなくなってるんじゃない?

ルイさんの顔がドンピシャと語っていました。イベントの後、アンディにダイエット指導をして欲しいということになりました。

ルイさんの間違いは、身体の変化が見えなくなったところで、どんどん食べる量を減らしてしまったところにあります。

1.鏡に目に見える変化はないとき、実際のところダイエットは進んでいるか?

2.体重計の数字が変わらないのは、脂肪が減らないからか筋肉が増えたからか?

経過観察をするときは、この2点に答えを出せることが大切です。感情的な動揺に左右されないよう、客観的に分析する必要があります。

アテにならないチェック法

一般的によく使われているけど、実はアテにならない方法が2つあります。少なくとも、どういう欠点があるか頭に入れておきましょう。

鏡に頼らない

まずは鏡。ダイエット中に鏡が気になるのは自然なことです。ただ、リーンゲインズのように食事サイクルをつくるダイエット法では、混乱のもとにもなります。
特に腹筋の割れが見えるくらいに脂肪量の少ない人は注意が必要です。日によってや、同じ日でも時間帯によって、身体が締まって見えたり、太って見えたりするからです。1週間の中でも体重に波が出てきます。
大きな要因は体内水分量です。炭水化物を1グラム摂ると、それにあわせて3〜4グラムの水分が身体に吸収されます。カーボサイクリング(炭水化物の摂取量を変えること)によって体重が上下するワケです。

体組成計を真に受けない

リーンゲインズ 体脂肪率

体組成計はいろんなメーカーから出ていて、体脂肪率を測るには安くてお手軽な方法ですが、残念ながら正確な数字を出すことができません。
体脂肪の計算に体内水分量が大きく影響します。上に書いたように身体の水分量は一定しないので、体組成計に出てくる数字も頼りにならなくなります。
「先週16%だったのに、今日は18%だって?!ダイエットなんてやってやれるか!」なんてコトも十分ありえます。
    • 一般に気軽に買える製品は、測るときの条件を揃えても正確性に欠けます。
    • 高価な医療用の製品を専門家が使っても、正確な数値が出ないことがあります。そのため十分な研究体制と資金の整った試験では使われていません。

これら2つに共通する問題点はチェック結果がブレるというコトです。体脂肪測定についてまわる誤差については、このシリーズ記事で徹底的に紹介しています。
ブレのないデータを集めて客観的にチェックすることが、ダイエット成功には不可欠です。

オススメのダイエット経過チェック法

実際の体脂肪率が何パーセントかは大切ではありません。では、ブレないデータを採るにはどうすれば良いのか?チェック項目をいくつか紹介します。

メジャーで身体のサイズを測る

週に1回、身体9ヵ所のサイズを測りましょう。

ダイエット お腹まわり 胸囲 計測

リーンゲインズ 経過チェック

身体のラインに沿う柔らかいメジャーが必要です。
誰かに計測を頼むと、人によって測り方にブレが出ます。いつも同じ人にお願いできる状況でない限り自分で測るようにしましょう。
自分で測るのにメジャーがうまく使えない人には、写真のテープメジャーがオススメです。
ブレないことが大切なので、測る方法や時間を揃えて、毎回同じ条件になるようにしましょう。

体重を測る

体重が測れれば良いので、体組成計でなくて構いません。週に1回、朝起きてトイレの後、何か飲んだり食べたりする前に測りましょう。日によって体重は波が出てくるので、毎日測ってその平均値を記録するとより正確です。
体脂肪が落ちていても、筋肉が増えていれば体重が変わらなかったりするので、体重計だけに頼るのは良くありません。

4週間ごとに写真を撮る

身体の正面と横から撮ると良いでしょう。写真の撮影間隔は毎週、2週間ごとなどもできますが、4週間間隔で比べるのが一番分かりやすいと思います。

メイン種目のトレーニング結果の記録を付ける

BIG3などトレーニングの中心になるコンパウンド種目の記録を採りましょう。
筋力と筋量はほぼ比例するので、筋力が上がれば筋量も上がっている、筋力が維持できていれば筋量も落ちていないという目安になります。
比較できるようにセット間休憩やフォーム(スクワットの深さetc.)などの条件を揃えるようにしましょう。

その他のチェック項目

食事管理の達成度、トレーニングの実践度、睡眠の質・時間、ストレス、空腹感を評価して週ごとに見比べられるようにしておきましょう。

自分で経過チェックするときの注意点

身体の計測サイズ

  • 体脂肪率が15%を切るくらいになると、腹筋上部から割れが見え始めます。
  • 炭水化物と塩分の摂取量が変わると体内水分量が変わります。この影響に惑わされないよう、3〜4週間分のデータを集めて傾向を見るようにしましょう。
  • 女性は身体のサイクルにあわせて体重の波が出ます。4週間ごとに区切ってデータ比較するようにしましょう。
  • 4週間経って体重に変化が無い場合は、筋力が上がったか、お腹まわりのサイズが落ちたかをチェックしましょう。
  • 腹筋の割れが見えるくらいまで締まってきたら、1週間の内に身体がカッコよく見えるタイミングをつかんでうまく利用しましょう。
    モデルやステージに立つ仕事の方、もっとありそうなところではプールに遊びに行くときなど使えます。

トレーニング記録

  • トレーニング記録が伸びていれば筋肉量が増えていることが多いです。
  • 筋肉が増えると体脂肪が減っていても体重計の数字が変わらないことはよくあります。
  • 筋力の高いトレーニング経験者は、減量中に筋肉量を上げることは難しく、トレーニング記録維持が目標になります。
    ただし、体脂肪が落ちると、可動域が広くなったりすることで、筋肉が落ちていなくともトレーニング記録の数字が落ちることがあります。トレーニング上級者が大きく減量をするときは、ある程度トレーニング記録が落ちる覚悟が必要でしょう。

毎日くり返したくさんの人のデータを見比べるうちに、ダイエットの進み具合や傾向を見極められるようになりました。サイト上の記事では理屈の話をたくさんしていますが、この経験を基に指導できるのがパーソナルコーチングの大きな強みです。
すべてを文字にして伝えることはできませんが、この記事を読まれる方のモヤモヤが少しでも晴れれば嬉しいです。

無料 eBook!

Screen shot 2016 12 10 at 15.25.10 169

筋力・筋肉量を伸ばすにはナニが必要か?
いま科学的に分かっていることを36ページにギュっと凝縮
過去9000名がダウンロード、好評公開中!

Powered by ConvertKit

Andy Morgan

イギリス出身のダイエットコーチ兼パーソナルトレーナーです。
日本に住んで12年。たくさんの人にお世話になり日本が大好きになりました。その恩返しに日本では情報の少ない欧米のダイエット方法と、数百人の英語圏のクライアント指導経験で得たノウハウを公開しています。
趣味はスノーボードと読書。コメントの返信は間違いのないように英語を使っていますが、東野圭吾の小説を読むのが好きです。テレビでは「相棒」と「クレヨンしんちゃん」のファンです。

Latest posts by Andy Morgan (see all)

無料 eBook!

Screen shot 2016 12 10 at 15.25.10 169

筋力・筋肉量を伸ばすにはナニが必要か?
いま科学的に分かっていることを36ページにギュっと凝縮
過去9000名がダウンロード、好評公開中!

Powered by ConvertKit

コメント

サイト管理人

Andy Morgan - AthleteBody.jp Facebook Profile Picture 2015

アンディ・モーガン

イギリス出身のダイエットコーチ兼パーソナルトレーナーです。日本に住んで12年。日本が大好きになりました。 欧米のダイエット情報と数百人の英語圏のクライアント指導で得た経験を日本に広めるためノウハウを公開しています。
AthleteBody.jp Kengo Yao 2015

八百 健吾

サイト内で紹介する外国人トレーナーなどの記事の日本語訳を担当しています。 アンディと本橋とチームで内容充実のサイト作りをしていきます。ご期待ください^^
Naoto Motohashi AthleteBody.jp 200×200

本橋 直人

科学的根拠に基づく指導をモットーとしてカナダで活動中のフィットネス指導者です。皆さまに役立つ情報を厳選して発信していきます!

最近のクライアント写真

  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr


クライアント写真一覧を見る

掲載情報についてのご注意

当サイト掲載の情報は、多くのトレーニーに役立てられるよう細心の注意を払っていますが、各個人の状況によって情報の有用性は変わります。ご自身の責任でご活用ください。
また、当サイト掲載の情報は医学的アドバイスではありません。健康面での不安のある方は、医師、理学療法士、管理栄養士など、それぞれの専門家にご相談ください。