Subscribe
Notify of
guest
7 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
モーガン
モーガン
2019年9月7日 6:12 pm

はじめまして、トレーニングを初めて2ヶ月ほどのものです。

本記事の内容と少しズレて恐縮ですが、レップ数とセット数について質問させてください。

現在私は、どんな種目も10レップ×5セットで組んでおり、5セットまで10レップ挙げれたら、次回重量アップというルールにしています。

例えば、チェストプレスマシンで、1セット目で11回目挙げれそうでも、インターバル1分後、
2セット目にいっています。

自分的に記録管理と重量を挙げるタイミングがシンプルで分かりやすいのでこのルールにしているのですが、1セットごとで限界数までやったほうが効率が良いでしょうか?

以前は1セット目で10回前後が限界の重量で5セットやっていたのですが、
4、5セット目は1~0レップで限界になり、後半のセット意味があるのかな?と思うことがあり、

挙げられるレップ数が5レップ未満になったら、少し重量を軽くする。 というルールを追加したりと試行錯誤していたのですが、記録がとても煩雑になり面倒くさくなってしまいました。

かといって、3セット目で終わるととくにパンプ感もなく、なんだか不完全燃焼になり
適切なレップ数とセット数、重量を挙げるタイミングについて、いまだしっくり来ておりません。

長文になりましたが、何かアドバイスいただけますと幸いです。

八百 健吾
八百 健吾
返信先:  モーガン
2019年9月10日 2:06 am

初めまして、コメントありがとうございます。

筋肥大を目的にトレーニングを行う場合、5セット全体でどの程度のボリュームをこなせているかということと、各セットでどの程度追い込むことができているかは両方とも結果に影響する可能性がある要素です。

コメントに書き出していただいた場合のように、各セットで限界ギリギリまで追い込むことを優先しようとするとボリュームを確保できなくなることがあるのでバランスを取るのが難しいところですね。セット間休憩をどのくらい取るかや回復力の個人差も関係してくるところだと思います。

一般的には、最終セットのみ限界近くまで追い込む形にするとうまくいく場合が多いと思います。コメントに書いていただいたルール付けのままということです。しばらく続けてみて筋力が伸びているかや筋肥大が起きていると実感できるか経過を見てもらうのが良いかと思います。

モーガン
モーガン
返信先:  八百 健吾
2019年9月23日 11:15 am

丁寧にご回答いただき、ありがとうございます。
現在のルールでしばらく頑張ってみようと思います。

しゅんすけ
しゅんすけ
2017年11月19日 9:43 pm

初めまして。
私は医療系の大学に通っておりました(もう国家試験を終え卒業しましたが)。研究や学会参加に大変積極的なゼミでした。エビデンスや統計のやり方が重要ということを学んだ身であるため、Athletebody一同様の投稿内容一つ一つが大変貴重であり、毎日参考にさせていただいています。ありがとうございます。

質問です。
例えばアームカールを行う場合。10レップが限界だとします。
常にネガティブレップ、挙がらなくなるまで行い、限界がきたらフォーストレップを入れ、2、3レップ行う。これを1セットのみ。次にハンマーカールを同じように1セットのみ。週1回。
というのを行っているのですが、オーバートレーニングになってしまうでしょうか。
御指導、御教授お願い致します。

八百 健吾
八百 健吾
返信先:  しゅんすけ
2017年11月20日 7:44 pm

しゅんすけさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

週1回カール系種目を2セットという部分だけを見ると、オーバートレーニングになるというのは考えにくいと思います。ただ、しゅんすけさんがどのくらいのトレーニング量をこなせるかや、他の種目も含めて全体でどのくらいのトレーニング量を行なっているか、どのくらいの期間続けられるかといったことが関係してきます。

オーバートレーニングの全体像を考えるという意味で、この記事が参考になるかもしれません。

petitpiaf111
petitpiaf111
2017年5月18日 10:06 pm

こういう補助、経験あります…
私の通うジムには複数のトレーナーがいて、その内の二人にベンチプレスの補助をしてもらったことがあるんですが、一人はギリギリまで自力で挙げさせて、ヤバくなってきたら指一本の補助からはじめて最後の最後に手で持ち上げてくれる。セット前に決めたレップ数には必ずしもこだわらない。(行けそうならもっと、ダメなら早く切り上げる)
もう一人は最初から割としっかり補助に入り、10レップなら10レップ決まった数を必ず挙げさせる。最終セットの最後は補助というより介助状態…
私は一人目のトレーナーさんの補助の方が好きです。

八百 健吾
八百 健吾
返信先:  petitpiaf111
2017年5月22日 9:28 am

petitpiaf111さん、コメントありがとうございます。

>ギリギリまで自力で挙げさせて〜最後に手で持ち上げてくれる。
できることなら、決めた挙上回数に合った重量設定でセットに入れると良いんですが、補助が必要になる場合には、こういうスタイルの方が無理なくトレーニング効果を得られるでしょうね。

Scroll to Top