パーソナルコーチング体験談 Sachieさん

AthleteBody.jp パーソナルコーチング体験談 Sachie
体重

50.0kg

43.0kg

お腹まわり

60.2cm

52.0cm

お尻まわり

90.8cm

84.3cm

太もも

52.9cm

46.5cm

腕まわり

26.0cm

21.0cm

sachie_02Sachieさんは、ビキニコンテスト出場に向けてパーソナルコーチングに申し込んでくれました。
一般的な日本人女性には敬遠されがちなウェイトトレーニングですが、Sachieさんは自宅にトレーニング設備があり、十分なトレーニング経験をお持ちでした。

女性でも、筋肉がキレイな体のラインを作ってくれるのに変わりはありません。コーチング期間中は、これまでのトレーニングで付けた筋肉を維持しながら、コンテストに向けて体脂肪を確実に落としていくことをテーマに進めました。
主なトレーニングはスクワット、デッドリフト、加重腕立て伏せに懸垂の4種目。自宅にバーベルを置かれていないので、ウェイトにはケトルベルやサンドバックを使われました。

とてもモチベーションが高く、トレーニングも食事内容も「やり過ぎてしまわない」ように適度にブレーキを掛けながら進める形になりました。
期間中にダイエット休みを入れた際には、しっかり休みを取ってもらうため、レストランで外食、デザートを注文して、その写真を送ってもらうこともありました(笑)

sachie_03前後比較写真は、じっくり我慢づよく継続された努力の結果です。
「まだまだ理想に到達したワケではないので、“完成”したら写真を公開したい」ということでしたが、特別にお願いして掲載させて頂けることになりました。
Sachieさんのダイエットに関して、いくつか大切なポイントがあります。

  • 女性がウェイトトレーニングをしてもムキムキにはなりません。
  • Sachieさんはコンテストまで、4〜5ヵ月かけてゆっくり体脂肪を落としました。
  • 例えば4週間だけダイエット食品を食べてもこういう体は作れません。

期間中は、焦ることも疑うこともなく、こちらのアドバイスを忠実に実践して結果につなげて頂きました。
コンテストは僅差で惜しくも2位でしたが、こういう審査結果にはどうしても主観が反映されるものです。会場では、Sachieさんの素晴らしい仕上がりに「優勝」の声も多かったようで、これまでのガンバリを思うと残念ではありますが、ご自身はすでに次を見据えて前進されています。
理想の状態の写真を追加更新できるときを楽しみに待ちたいと思います。

本人のコメント

まず初めにアンディにお礼をいいたいです。

日本で初めて行われたミスビキニの大会に向けてアンディに指導して頂き、万全のコンディションで大会に参加することが出来ました。
おしくも1位は取れませんでしたが、多くの方に声をかけて頂き、その方たちに大きな印象を与えることが出来たことを誇りに思っています。

アンディやトレーナーのマイク、そして一番協力してくれた主人(アンディを探して私に薦めてくれました)にはとても感謝しています。
こんな素晴らしい方たちにバックアップしてもらいながら、1位を取ることができなかったという事が一番悔しくてとても申し訳ない思いでいっぱいです。私の力不足で本当にごめんなさい。
しかし、私の挑戦はまだ始まったばかりで、来年はアメリカのミスビキニに出場、日本ではかならず1位になる事を目標にがんばりたいと思います。

このダイエットの5ヵ月間は、とにかく体を絞る事を第一に考えて指導して頂きました。アンディの食事の管理とトレーニングによって、結果50kgから43kgまで体重を落とし、ウエストは約7cm細くなり、現在はB92cm / W53cm / H85cmと言う私も信じられない位の自慢の数字になりました。
この後は、絞る+丸みのある女性らしい筋肉を増やすを指導して頂きたいと思っています。アメリカの大会に向けて、ヒップに筋肉でボリュームを持たせて丸みのある92cmに仕上げたいと思っています。

アンディの事は主人を通して知りました。以前独自のダイエットをし、健康的でないやせ方になってしまったので、主人がネットで良いダイエット方法を探していた所、アンディのサイトを見つけたそうです。
「とにかく凄いダイエットだよ。普通のダイエットではないよ」
その言葉通り、アンディのダイエットはとてもユニークですが理論的で説得力もあり、いかに今まで信じていたダイエットが間違っていたかと思わせるものでした。今回のパーソナルコーチングは、私のダイエットに対しての考え方を大きく変えました。

今まではカロリーを気にして春雨やそば、豆腐などばかりをダイエットとして信じて食べた事もありましたが、アンディのダイエットを実践すると「タンパク質はどこ?ほとんど炭水化物じゃない?」ということばかりで、今までのダイエットと信じていた食べ物が実はまったくダイエットではなかったという事に気づかされました。
決められたバランスを取っていく中で、アイスクリームもチーズケーキもOKという事で、またお腹が減ることもなく十分食べてましたので「こんなに食べて体重が落ちるのかな?」と思ったこともありました。
幸い好き嫌いもなく毎日同じものでも平気なタイプで、また鶏肉や野菜がとても好きだという事も手助けして、ストレスなく楽しく簡単にダイエットメニューをこなすことが出来ました。

また、アンディのダイエットの他と違うところは、ただ痩せるのではなく筋肉は残すという所だと思いますが、ビキニの体を目指していた私にはとても良いダイエット方法でした。
日本ではただ単に細いだけの薄っぺらい体が良いと多くの女の子達は思っていますが、インターナショナルな視点から見ると程よく筋肉が付いた方がカッコよくて美しいとされています。
ヴィクトリアシークレットのモデル達を見ても分かるようにみんな薄っすらお腹の筋肉も割れていますし、手や足もきれいな筋肉の丸みが出ています。お尻にしてもかっこよく引き締まり上に向いています。
余分な肉はなく引き締まってますが、きれいな丸みがトレーニングによって作られています。こういうタイプの体が多くの女の子の憧れで、アメリカではビキニのコンテストは一番人気のあるコンテストで年々参加者が増えていると言います。
アンディのこのダイエット方法は今後ますます脚光を浴びるのではないでしょうか。