各栄養素が体脂肪として蓄積される順番

カロリー収支がプラスになると、身体はあまったエネルギーを体脂肪として蓄積します。
このとき、食事から摂ったたんぱく質、炭水化物、脂肪は扱われ方に違いがあります。各栄養素ごとに体脂肪として蓄積される優先順位があります。また、各栄養素を体脂肪として蓄積するプロセスで、いくらかエネルギーが消費されます。

体脂肪として蓄積される優先順位とエネルギーロス

優先順位1位:脂肪

カロリー収支がプラスになったとき、食事から摂った脂肪が最も優先的に体脂肪として蓄積されます。蓄積のプロセスで消費されるエネルギーは2%程度と言われます。

優先順位2位:炭水化物

食事から摂った脂肪が体脂肪になったあと、まだ余剰カロリーがあって、さらにグリコーゲンの補充が必要ない場合に、炭水化物が体脂肪として蓄積されます。蓄積のプロセスで消費されるエネルギーは25〜28%程度と言われます。

優先順位3位:たんぱく質

ヒトの身体のメカニズムとしては、たんぱく質を体脂肪として蓄積することは可能ですが、脂肪と炭水化物が優先されることから、実生活で起こることはほぼありません。

摂取パターンごとの体脂肪蓄積イメージ

上記の優先順位と、体脂肪を蓄積するプロセスで消費されるエネルギーをイメージにすると以下のようになります。

食事から摂った脂肪が蓄積される場合

脂肪でカロリー超過した場合

  • 脂肪で摂ったカロリーが、余剰カロリーと等しいか、それ以上多い場合。
  • 食事から摂った脂肪が優先的に体脂肪として蓄積される。
  • 脂肪が蓄積されるプロセスでエネルギーが2%程度消費される。

食事から摂った脂肪と炭水化物が蓄積される場合

脂肪と炭水化物でカロリー超過した場合

  • 余剰カロリーに脂肪と炭水化物が食い込む場合。
  • 食事から摂った脂肪がやはり優先的に体脂肪として蓄積される。
  • そのあと、消費しきれなかった炭水化物が脂肪に変換され、体脂肪として蓄積される。このプロセスでエネルギーが約25%消費される。

食事から摂った炭水化物だけが蓄積される場合

炭水化物でカロリー超過した場合

  • 余剰カロリーに食い込むのが炭水化物だけの場合。
  • 消費しきれなかった炭水化物が脂肪に変換され、体脂肪として蓄積される。このプロセスでエネルギーが約25%消費される。
  • 食事から脂肪を摂っていない場合ということになるので非現実的。

どうすれば良いのか?

あくまでもイメージです

ここで紹介した画像は、できるだけシンプルに捉えてもらうために作ったイメージです。実際には、1回の食事や1日の食事で摂る栄養素配分で体形が決まることはありません。前後に食べた物や、体内のエネルギー状況によっても、食事から得られたエネルギーの使われ方は変わります。

自分に合った食事設定を考える

脂肪は体内で重要な役割を果たしています。食事から摂った脂肪はスムーズに体脂肪になるからと言って、脂肪を完全に削ってしまうのは得策ではありません。
また、炭水化物の摂取量が増えると、炭水化物が優先的に燃焼されるので、いまある体脂肪は燃焼されにくくなります。どれか1種類の栄養素ばかりを摂ったり、逆に避けたりしても体形改善に効率的とは言えず、長く続けることが難しくなるので、理想の身体にたどり着くのが難しくなります。
自分に合ったカロリー摂取量を考え、その中で、自分に合った三大栄要素の配分を考えるようにしましょう!

無料 eBook!

Screen_shot_2016-12-10_at_15.25.10_169

筋力・筋肉量を伸ばすにはナニが必要か?
いま科学的に分かっていることを36ページにギュっと凝縮
過去7800名がダウンロード、好評公開中!

Powered by ConvertKit

サイト管理人

Andy Morgan - AthleteBody.jp Facebook Profile Picture 2015

アンディ・モーガン

イギリス出身のダイエットコーチ兼パーソナルトレーナーです。日本に住んで11年。日本が大好きになりました。 欧米のダイエット情報と数百人の英語圏のクライアント指導で得た経験を日本に広めるためノウハウを公開しています。
AthleteBody.jp Kengo Yao 2015

八百 健吾

サイト内で紹介する外国人トレーナーなどの記事の日本語訳を担当しています。 アンディと本橋とチームで内容充実のサイト作りをしていきます。ご期待ください^^
Naoto Motohashi AthleteBody.jp 200×200

本橋 直人

科学的根拠に基づく指導をモットーとしてカナダで活動中のパーソナルトレーナー&指圧セラピストです。皆様のフィットネスライフに役立つ情報を厳選して発信していきます!

最近のクライアント写真

  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr
  • A photo on Flickr


クライアント写真一覧を見る

掲載情報についてのご注意

当サイト掲載の情報は、多くのトレーニーに役立てられるよう細心の注意を払っていますが、各個人の状況によって情報の有用性は変わります。ご自身の責任でご活用ください。
また、当サイト掲載の情報は医学的アドバイスではありません。健康面での不安のある方は、医師、理学療法士、管理栄養士など、それぞれの専門家にご相談ください。