ダイエット成功のカギはガマン強さ

投稿者 : Andy Morgan

ダイエット成功のカギはガマン強さ

ダイエットは我慢づよさが必要です。
みなさん「いますぐ」結果が欲しいと思っている中で、うまく成果が見えないときが出てきます。
いまは待つべきなのか、何かを変えるべきなのか?プレッシャーに負けず、客観的に正しいタイミングで正しい変更をしないといけません。この仕事で一番難しい所ですが、クライアントさんは、その決断にお金を払ってくれているワケです。

「急いては事を仕損じる」と言います。自分でダイエットプランを決めている人は、結果を求める気持ちが先走って、的外れなことを試そうとすることがよくあります。
リーンゲインズに加えて24時間の断食を混ぜてみたり、有酸素運動を始めてみたり、ウェイトトレーニングの頻度を増やしたり、炭水化物制限のルールを足してみたり、数え出すとキリがありません。

いつ何を変更すれば良いのか、すべてに当てはまるルールを紹介することはできませんが、大切なポイントがふたつ。

  • 急いで変化を求めると、筋力・筋肉量を犠牲にしてしまうリスクが上がる。
  • 試合やコンテストでデッドラインが決まっているような場合を除いて、「我慢づよく続ける」のが吉。

我慢づよく続けることの大切さについて、マーティン・バークハンと、姉妹サイトRippedBodyのクライアントさんのコメントを紹介したいと思います。

マーティン・バークハン

マーティン・バークハン脂肪を落とすのは特に難しいことじゃない。個人的には「空腹に苦しむ」ということは無いけど、退屈で「早く終わらせて何かちがうコトがしたい」という気持ちへの忍耐力テストのような感じだった。
私のクライアントも同じように言う人が多い。実際に口に出さなくても、減量後に何をするかを話し合うと、そう感じている人が多いと実感できる。

体内水分量の関係で10日や2週間くらい体重に変化が出なくなることも珍しくない。特に減量終盤になると本当に脂肪が落ちているのか、停滞していないかと不安に感じることもある。コーチをしているような人も含めて、これに惑わされて摂取カロリーを減らしたり、有酸素運動を増やしたりしてしまう人が多いけど、これは実際のところ逆効果で、筋肉量を落としたり、ひどい空腹感におそわれたりする事になる。
何かをきっかけにダイエットのペースが狂うと、取り戻そうとして極端なことをしたり、悪循環から抜け出せなくなったり、ダイエット自体あきらめることにつながってしまう。こういうとき客観的に指示を出してくれるコーチが居るとずっと楽になる。

アンドリュー(アメリカ出身)

リーンゲインズ 肉体改造

私は自分のことを、論理的で順序立てて物を考えるタイプだと思ってました。
マーティン・バークハンライル・マクドナルドのサイトの記事をくまなく読んでいた流れからアンディのことを知りました。2011年はそこで読んだ情報を使って自分で食事管理をやってみて、ある程度の結果は出たんですが、去年の8月ごろ、筋力が完全に落ち込んでしまいました。
私はトレーニング日と休息日の設定が決まらずフラフラしてしまってました。結局、自分には十分な経験が無かったので、学んだルールをうまく使いこなせてなかったんです。
それから、トレーニング記録を採ったり身体のサイズ計測をしたりもしていませんでした。毎週1度だけ身体のサイズを測るという考え方は、私にとって最も大きな変更点のひとつでした。自分の変化を客観的に見て、内容を調整して行くための方法も学ぶことができて、やっとリラックスして、流れに任せられるようになりました。
他のクライアントさんや読者の人も言っていましたが、みんなもっとリラックスして、流れに任せば良いと思います。現代人は待つということができなくなっています。私自身そうで今もなんとかしようと努力中ですけど、焦らずにプラン通りに進めれば必ず達成できるんです。
私は6週間近く停滞期がありましたけど、ある日いきなり5ポンド(2.2キロ)も一気に落ちて身体も絞れました!

体験談全体と数字の変化を見る →

まとめ

いつ、どんな変更をすれば良いのか判断に困ることはよくあります。
思う方向に進んでいないとき、それは待てば解決するのか?何かを変える必要があるのか?
考慮すべき項目がたくさんあって、ブログ記事ひとつにまとめられる物ではないですが、最終的にコーチにとして大切なのは、全体を視野に入れて決断する力だと思っています。
このサイトを参考に自分でダイエットをされている方に言えるのは、自分の経過チェックの方法で変化が見えないからと言って、何も起こっていないとは限らないというコトです。
また今後の投稿で、もう少し実践的な内容をまとめようと思いますが、とりあえず「ガマンする」ということを意識してもらえればと思います。

無料 eBook!

Screen_shot_2016-12-10_at_15.25.10_169

筋力・筋肉量を伸ばすにはナニが必要か?
いま科学的に分かっていることを36ページにギュっと凝縮

Powered by ConvertKit

Andy Morgan

イギリス出身のダイエットコーチ兼パーソナルトレーナーです。
日本に住んで11年。たくさんの人にお世話になり日本が大好きになりました。その恩返しに日本では情報の少ない欧米のダイエット方法と、数百人の英語圏のクライアント指導経験で得たノウハウを公開しています。
趣味はスノーボードと読書。コメントの返信は間違いのないように英語を使っていますが、東野圭吾の小説を読むのが好きです。テレビでは「相棒」と「クレヨンしんちゃん」のファンです。

Latest posts by Andy Morgan (see all)

無料 eBook!

Screen_shot_2016-12-10_at_15.25.10_169

筋力・筋肉量を伸ばすにはナニが必要か?
いま科学的に分かっていることを36ページにギュっと凝縮

Powered by ConvertKit
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

Leave a Reply

*

サイト管理人

Andy Morgan - AthleteBody.jp Facebook Profile Picture 2015

アンディ・モーガン

イギリス出身のダイエットコーチ兼パーソナルトレーナーです。日本に住んで11年。日本が大好きになりました。 欧米のダイエット情報と数百人の英語圏のクライアント指導で得た経験を日本に広めるためノウハウを公開しています。
AthleteBody.jp Kengo Yao 2015

八百 健吾

サイト内で紹介する外国人トレーナーなどの記事の日本語訳を担当しています。 アンディと本橋とチームで内容充実のサイト作りをしていきます。ご期待ください^^
Naoto Motohashi AthleteBody.jp 200×200

本橋 直人

科学的根拠に基づく指導をモットーとしてカナダで活動中のパーソナルトレーナー&指圧セラピストです。皆様のフィットネスライフに役立つ情報を厳選して発信していきます!

最近のクライアント写真


クライアント写真一覧を見る

掲載情報についてのご注意

当サイト掲載の情報は、多くのトレーニーに役立てられるよう細心の注意を払っていますが、各個人の状況によって情報の有用性は変わります。ご自身の責任でご活用ください。
また、当サイト掲載の情報は医学的アドバイスではありません。健康面での不安のある方は、医師、理学療法士、管理栄養士など、それぞれの専門家にご相談ください。