パーソナルコーチング体験談 ワダさん

体重

63.9kg

63.0kg

お腹まわり

82.0cm

77.0cm

AthleteBody.jpからのコメント

ワダさんは、2011年頃に自宅にトレーニング用品を揃えてご自身でトレーニングされてきましたが、思ったように身体が変わらないとコーチングに申し込みいただきました。
まずは大事なところから押さえていくため、シンプルなトレーニングと食事管理を実践していただきました。体重には大きな変化がありませんでしたが、お腹まわりは大きく落ち、トレーニング記録も伸ばすことができました。

ご本人のコメント

食事時間(8時間)の設定について

12週間にわたり朝食を抜くパターンが継続できるか、実に不安でした。そこで、コーチングを申し込む1か月前から、プログラムをBIG3ルーティンに変更し、同時に食事管理(8時間以内で所要の三大栄養素摂取)を試してみました。
結果、おっしゃる通り、すぐに慣れました。ただ時 々、空腹に耐えられない日があり、間食を重ねてしまったことも度々。この問題は出勤前に味噌汁あるいはキウイ1個を取ることで解決することが出来ました。「断食中でも50kcal以内なら大丈夫」というのも安心感につながりましたね。

当然のことでしょうが、仕事に集中している時は、空腹を感じません。なので特に午前中は、仕事に対し猛烈に取り組む姿勢を心がけました。
これも見逃せない効果の一つだと思います。

三大栄養素の摂取量

当初、自分の予想を遥かに下回る設定を提案され、いかに自分の考えが甘いのかを思い知らされました(特に炭水化物)。
自分の年齢、体形、トレーニング記録等、様々な情報に基づき、総合的に プランを提示していただけたと思います。さすがプロです。自分一人では絶対に考え付きませんでした。(だから、今まで身体に変化がなかったのか・・と納得)
  
普段から食べ過ぎという事実に対し、「さっき食べたアンパンはなかったことにしよう・・」など都合の良いようにごまかしていた。それが自分の弱さです。コーチング開始以降、簡素な食事記録を付けていましたが、設定値をオーバーすることがあっても、正直に記録し、摂取量の達成度を客観的に知ることが大切であることをあらためて学んだ次第です。

嬉しかったこと

体型になかなか変化が現れず、やっぱり駄目かと思うこともしょっちゅうありました。しかし、定期的なアドバイスで、間 違いなく体脂肪が減っているとおっしゃっていただき、もうそれは本当に小躍りするくらい嬉しかったです。サイトの記事を参照し、我慢強く継続することの大切さを実感しています。
また、BIG3ルーティンがきつくなってきた2か月目に、スプリットルーティンへの移行を提案されたときは、違う種目ができるんだ!と不思議なくらい、テンションが上がりました。

期間を通じ、信念として確立できたこと。

  • 体作りは、食事7割、トレーニング3割。特に栄養管理ピラミッドの底辺であるカロリー収支が一番大事、本当に大事。
    食事後、1〜2時間もしないうちに就寝することも多いのですが、まったく太りません。朝食・・・ガッツリ抜いていますが、ま ったく太りません。
  • プロテインパウダー神話(呪縛)からの解放
    巷で言うところの、筋トレ直後に飲まないと効果減とか、一回の摂取量は30g位。とか、あまり意味のないことから精神的に解放され、気持ちが楽になりました。普段の食事を補完するぐらいの感覚で十分ということですね。
  • クランチ、シットアップは、シックスパック形成にほぼ関係(効果)がない。
    以前は必死に各種の腹筋運動を行っていました。この3か月、本当にやってません・・・が、腹は若干割れてきましたし、下腹部もコチコチに固くなってます。
    今一つ、腹筋の表情がくっきりしていないのは、おそらく余った皮・・だと思います。
    テレビ、新聞等の広告によく出てくる腹筋マシーンに手を出さず大正解だと思っています。妻がこれを購入したいとメールしてくるのですが、思いとどまるよう必死に説得を続けています(本当)。
  • おわりに

    長々と書き連ねてしまいましたが、感謝の気持ちをお伝えするにはまだまだ足りません。
    一過性の効果を求めるものではなく、今後何年にもわたって体型を改善・維持するためのメソッドをご指導いただけたことに心から御礼申し上げます。
    本当にありがとうございました。
    アンディさん、八百さんのように正論を発信し続ける方々が、さらに増えていくことを願って止みません。
    サイトに寄せられた多種多様な異論に対する返信の仕方も実にスマートですね。素晴らしいです。
    今後も「アスリートボディ」を応援し続けますので、どうぞよろしくお願いいたします。