よくある質問

ダイエット・トレーニング・パーソナルコーチングでよくある質問をまとめています。

各項目をクリックしていくと回答が開きます。
もし不明な点が解消されない場合は、下のコメントからご質問ください。
お応えさせていただくと同時に、どんどん更新していきます。

ダイエット関係

食事管理の進め方と結果予測

Q1:食事管理ってそんなに大事?

とっても大切です。 筋肉を付けたくてウェイトトレーニングをしても食事がイイ加減だとなかなか筋肉は大きくなりません。 脂肪を落としたくて有酸素運動をしてみても、ちょっと食べ過ぎるとカンタンに相殺されてしまいます。 体形改善は食事70%にトレーニング30%。ガッチリしたくても、スッキリしたくても食事管理は必須です。

栄養管理の基本を読む →

Q2:リーンゲインズは筋力アップと体脂肪ダウン同時にできる?

条件によります。(現在の体形、目標の体形、食事設定、トレ内容 etc…) 一般的に同時進行できる可能性が高いのは次のタイプの人たちです。

  • ウェイトトレーニング経験のない人
  • 遺伝的にとても恵まれている人
  • アナボリックステロイドなど薬物を使っている人

トレーニング経験のある一般人でも、いろんな条件が合えば同時進行できることもありますが、減量中は筋量維持を目標にして「筋力が上がればラッキー」くらいに捉えるのが現実的でしょう。

日本人の体験談を見る → 外国人の体験談を見る →

Q3:減量か増量どっちが先?

すでに腹筋の割れがハッキリ見えるくらい体脂肪の低い場合や、スポーツなどで体脂肪率よりも重要な要素がある場合を除くと、まずは減量に入るのが良いでしょう。現在の体形と目標の体形にもよりますが、筋量を上げたい人もまずは体脂肪を落とした方が良いコトも多いです。

体脂肪率が低くなると、インスリンとレプチンというホルモンの感受性が高くなります。その結果、トレーニング後に食べる炭水化物が筋肉に送り込まれやすく、脂肪として蓄えられにくくなる効果が期待できます。 つまり、増量に移ってカロリー収支をプラスにしたとき、筋肉を付けやすく脂肪が増えにくくなるということです。

増量をしつつ腹筋の割れをある程度維持したいというような場合には、まず減量、それからゆっくり増量がオススメです。体脂肪の多くない人は1ヵ月程度で増量に移れることもよくあります。

体形ごとの目標設定について読む →

時間設定と空腹対策

Q4:16時間も食事を摂らないと空腹感がひどいんじゃない?

大丈夫ですよ。身体が新しい生活サイクルに慣れると空腹を感じなくなります。これもホルモンが関係していますが、決まった時間に眠たくなるのと同じように捉えてください。 当サイトや英語版姉妹サイトでは、ダイエット中なのに空腹感が問題にならなかったというコメントをあちこちでもらっています。 身体が慣れるまでの時間には個人差がありますが、4〜7日くらいが一般的です。スタート時点から問題のない人もいれば、長い人では10日程度掛かる場合もあります。

Q11でもう少し詳しく書いてます ▼

Q5:断食中にお腹が空いた。なんで?

8時間の時間枠を守って、いつも同じ時間に食事を摂っているのにお腹が空くのは、たいてい食べ物えらびが原因です。 次の順番で対策を考えてみてください。

  1. 1日の最後の食事はしっかり自炊する。
  2. 1日の最後の食事でフィッシュオイルを摂る。(脂肪が消化を遅らせる)
  3. ゆっくり消化されるたんぱく源を選ぶ。食物繊維の多い野菜を合わせて摂る。
  4. 炭水化物を加工食品ではなく、イモ、玄米、全粒粉パンから摂る。

Q6:8時間の間、食事を小分けにしても大丈夫?

大丈夫です。この質問は空腹感を心配する人からもらいますが、空腹対策は食事の時間帯と食べ物えらびが大切ですよ。

Q5とQ11で詳しく書いてます。

Q7:満腹で食べきれない。ダイエット中だし食事減らして良い?

スタート時点でほとんどの人がこう感じます。たいてい2週間ほどで胃が食事量に慣れていきますが、それまで苦しい場合には、必要量の三大栄養素を確保するのにシリアルが便利です。低脂肪のシリアルを低脂肪の牛乳で食べましょう。

三大栄養素の必要量を正しく計算できたとして、食事量が足りないと、トレーニングの疲労回復に十分なエネルギーが摂れません。2〜3日これが続くとエネルギー不足で十分なトレーニングができなくなります。

特に増量中には炭水化物の必要量がずっと多くなります。これを摂るのに、アンディはトレーニング後に毎回シリアルをデザートとして食べています。(ちなみにチョコフレークは糖分が多過ぎるので、ブランフレークに替えました。) 白米で必要量を摂れるならベターです。減量中の方には空腹につながる可能性もあるので、長い間この方法に頼るのはオススメしません。

Q8:昼食の時間が遅れたら8時間後になるように夕食もズラす?

いいえ、夕食はいつもの時間に摂ってください。 毎日食事を摂る時間に合わせてホルモンが調整されるので、食事の間隔にこだわらず、できるだけ同じの時間に食事を摂るよう心がけてください。 仕事の都合などで、たまに時間がズレてしまうのは大丈夫です。

Q11でもう少し詳しく書いてます ▼

Q9:食事を摂る8時間の前にトレーニングしても大丈夫?

大丈夫です。食事を摂らずにトレーニングをする場合には、10分ほど前にBCAAを摂ってください。

一般的な時間帯設定の例を見てみる →

Q10:食事を摂る8時間の後にトレーニングしても大丈夫?

いいえ、これは避けてください。 少なくともトレーニング後に1回しっかり食事が摂れるように、8時間のスタートを調整してください。8時間に納められない場合には、食事時間を8時間より長く設定しても大丈夫です。

一般的な時間帯設定の例を見てみる →

 

Q11:仕事の時間がバラバラな場合はどうすれば良い?

できるだけうまくスケジュールのやりくりをするために、いくつかポイントと対策を紹介します。

① 身体はいつも食事のタイミングに合わせてグレリンというホルモンが分泌され、空腹感を感じるようにできています。 毎日朝食を摂らない生活をすると、朝空腹を感じなくなります。特に朝食でなくても良いんですが、短い時間枠の中で2〜3食摂ってダイエットの空腹感もないので、実生活では便利なことが多いです。

② 食事の時間帯がバラバラになると身体に一定のサイクルを作ることができず、空腹を感じるタイミングも一定でなくなります。生活スケジュールを考える上で大切なポイントですが、ここで問題になるのは空腹感のみです。

③ 16時間の断食自体に魔法のような効果があるワケではありません。 「夕食が1時間遅くなったから16時間のルールを守るために次の日の昼食も1時間遅らせた」というような人が居ますが、その必要はありません。上記のグレリンのリズムを保つためにも可能なかぎり食事の時間帯は維持するようにしましょう。

④ トレーニングの時間はいつでも構いませんが、トレーニング後〜寝るまでの間に必ず食事を摂れるようにしましょう。

⑤ 食事の時間枠は8時間より長くなったり短くなったりしても構いませんが、毎日重なりができるようにしましょう。

上記の5点を合わせると次のような対策ができます。

  • できるだけ1日1回は同じ時間帯に食事を摂るようにして、他の食事時間を調整するようにしましょう。
  • それが難しい場合には、だいたい昼食 / 夕食の時間帯を決めるようにしましょう。1日は朝〜昼、次の日は昼〜夜というような組み合わせはオススメしません。
  • トレーニングの時間帯がバラバラになる場合は、食事ごとの量を調節して、トレーニング後〜寝るまでの時間帯に1日のカロリー量の60%程度摂れるようにしましょう。

一般的な時間帯設定を見てみる →

三大栄養素の摂り方・計算の仕方

Q12:たんぱく源って何を食べれば良い?

肉・魚・牛乳・卵あたりが代表的なたんぱく源。除脂肪体重1キロあたり2〜3グラムをいろんな食材から摂るようにしましょう。

たんぱく源の食品について →

Q13:お米やパン、チーズなんかにもたんぱく質があるけど?

お米やパンのたんぱく質は計算に入れない方が生活が楽になると思います。スタート時点から計算に入れなければ、食事量を変えるときにも考え合わせずに済みます。ここは細かく考えず、一貫性を持つ方が長い目で見て成功につながります。

三大栄養素をカンタンに計算する方法 →

 

Q14:プロテインシェイクはどう?

プロテインシェイクは便利ですが、基本的には普通の食事からたんぱく質を摂るように心がけましょう。どうしてもプロテインに頼らないといけない場合、1日のたんぱく質必要量の半分までくらいを目安にすると良いと思います。

プロテインパウダーについて読む →

Q15:炭水化物は太るって本当?

「炭水化物は太る」とよく言われます。「炭水化物制限ダイエットでやせた」って話もよく聞きます。「夜遅くにラーメンなんか食べるから太る」という人もいます。

実際は…カロリー収支がプラスになるから太るんです。当たり前に聞こえるかも知れませんが忘れがちなポイントです。

ヒトは身体の中で炭水化物を効率的に脂肪に変換することができません。食事で摂った脂肪の方がもっとスムーズに体脂肪として蓄積されます。つまり、炭水化物をたくさん食べて、カロリー収支がプラスになると、食事の脂肪が燃焼されずに体脂肪として蓄積されることになります。糖質制限ダイエットが効くのは、カロリー収支をマイナスにし易いからで、「炭水化物=太る」というワケではありません。

もっと小難しい説明を読む →

Q16:炭水化物は何から摂れば良い?

ダイエットの成功には、あまり難しく考えなくても大丈夫です。 白米・玄米・パン・うどん・パスタ・イモなどでんぷん質の炭水化物が中心になりますが、これを80%くらい維持できれば、たまに砂糖の入った甘い物を食べるのもOKです。 あまりスイーツ中心になってしまうとトレーニング日に脂肪として蓄積されるリスクが高くなるので、基本はでんぷん質と考えましょう。

三大栄養素をカンタンに計算する方法 →

 

Q17:でんぷん質以外の炭水化物は無視してOK?

「炭水化物はでんぷん質を中心に、葉物野菜をたくさん摂って計算には入れない」というようなシンプルな栄養計算の仕方を勧めているので、ちょっと混乱する人も出るポイントです。

もし、乳製品・果物・ソース類などをたくさん摂るなら計算に入れた方が良いでしょう。小さな単位で悩んでいるなら、わざわざ計算する手間を省いてしまっても大丈夫でしょう。

もちろん計算に入れないからと言って、身体に入った炭水化物が消えてなくなるワケではありません。大切なのは一貫性です。食事内容が一定していれば、そこから白米やパンの量をいくらか減らす形で対応できます。「パンは減らしたけど、代わりに果物を増やした」なんてことをしてしまうと、結局同じコトになってしまうのは分かりますよね。

Q18:脂肪の摂り方はどうすれば良い?

脂肪は主にたんぱく源の肉や魚から摂る形になります。トレーニング日は鶏ムネ肉や豚ヒレ肉など低脂肪の肉、休息日には鶏モモ肉や牛肉などある程度脂肪分の摂れる肉を組み合わせて必要量を確保するようにしましょう。

脂肪はグラムあたり9kcalと高カロリーなので油断すると危ないですが、「脂肪はダイエットの敵」と考えて完全にカットしてしまうと、ホルモンバランスに悪影響が出てしまいます。

たんぱく源の食品について →

Q19:食べ物はすべて量らないとダメ?

すべて徹底的にする必要はないですが、特にスタート時にはいくつか量った方が良いものがあります。 まず調理前の肉や魚の重さを確認ましょう。スーパーのパックに表示されている重さも参考にできます。 炭水化物では、でんぷん質の物はやはり調理前に重さを量っておくと良いです。デジタルのキッチンスケールが便利です。 既製品は商品パッケージに記載されている三大栄養素の量をチェック。野菜は細かく量らなくても大丈夫です。

その他

Q20:アルコールは禁止?

お酒もアリです。ただ、アルコールにもカロリーがあります。1日のカロリー収支がプラスになると、食事で摂った脂肪はカンタンに体脂肪として蓄積されてしまうので、ムチャをすると自分に返ってきます。 ダイエット中お酒を飲むなら次の基本ルールが長く使えるでしょう。

  • 食事で摂る脂肪をできるだけ抑える
  • ビールを飲むならトレーニング日にする
  • 休息日には、炭水化物の少ないミキサーで蒸留酒を割る

もう少し詳しく読む →

Q21:カット野菜・冷凍野菜はOK?

OKです。どんどん活用してください。

Q22:摂った方が良いサプリメントは?

当サイトのダイエットではサプリメントは必要ありません。魔法のようなダイエット効果や筋肉増強効果を謳うサプリメントは基本すべて効きません。 完全な空腹状態でトレーニングする場合は、開始前にBCAAを摂ると良いでしょう。自炊する時間が無いときにはプロテインパウダーは便利です。ただ、これも必須というワケではありません。

サプリメントが気になる →

Q23:ダイエット初期の体内水分量の変化ってどういうこと?

体脂肪とは別に、身体の中にある水分の量が減って体重が落ちることです。カラクリは下記のとおり。

  • 当サイトのダイエットでは、たんぱく質をたくさん摂り、カロリー摂取量を日ごとに変えていきますが、結果的にダイエット開始前よりも炭水化物の摂取量が少なくなることが多いです。
  • 1グラム炭水化物を摂ると、それに合わせて3〜4グラムの水分が吸収されます。逆に、炭水化物の摂取量が減ると、その分身体に取り込まれる水分の量が減り、体重も落ちます。ダイエットを始めて1週間でガクンと変わることが多いですが、この落ち幅にはかなり個人差があります。
  • 巷のダイエットサービスや広告は、このことに触れず、「最初の1〜2週間でスゴい結果を出した」と謳っているものが多くあります。

水に惑わされない経過チェック法 →

フィットネス業界の残念な話 →

Q24:塩分の摂り過ぎは良くない?

大会や試合を数日前に控えたボディビルダーやスポーツ選手でなければ気にしなくて大丈夫です。カラクリは次のとおり。

塩分を摂ると体内の水分量が変わりますが、実際に影響するのは「全体の摂取量」ではなく「塩分の増減」です。 普段よりたくさんの塩分をいきなり摂ると、身体の水分量が上がります。逆にいきなり大きく塩分量を減らすと水分量は下がります。 時間と共に体内水分量は平均値に落ち着きます。おそらく数日程度でしょう。

ある特定の日に合わせて身体をより絞り込みたい場合、身体の水分を抜くために2週間前から塩を控えるのはあまり良い作戦ではありません。2週間の間に身体の水分量は平均値に落ち着き、塩分を減らす前と変わらなくなります。 塩分量を2〜3日前から抑えると、大会日や計量日に合わせることができるでしょう。 ただ、長い目で見るとこれは体重を減らすために有効な方法ではありません。ヒトの身体はよくできていて、結局こういうトリックは通用しないということです。

トレーニング関係

トレーニング頻度とスケジュール管理

Q1:ウェイトトレーニング絶対しないとダメ?

当サイトのダイエット法では、トレーニング日と休息日の食事内容を変えることで効果を上げるようになっているので、ウェイトトレーニングは必須です。

トレーニング無しで食事制限だけのダイエットをすると、体脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまうので、貧相な体形になってしまいます。トレーニングで筋肉を付けることで、カッコ良い身体のシルエット作りができます。

トレーニングの基本を読む →

Q2:週3回で成果が出てきた。6回したらもっとイケる?

いいえ。ジムに行った翌日にまだヤレそうな感じがしたら、トレーニング内容が甘かったというコトです。思い切りハードにトレーニングして、しっかり食べて、翌日はちゃんと休む。このサイクルを繰り返しましょう。

休息に関してちょっと読む →

Q3:トレーニングが2日続いてもOK?

ダイエット中で、週3回バーベルのビッグ3などのコンパウンド種目を実践している場合、できるだけトレーニングの間に1日休みを入れるようにしましょう。食事制限で回復力の落ちている中枢神経に必要以上の負担を掛けないようにすることが大切です。

また、リーンゲインズのようにトレーニング日と休息日で食事内容が変わるダイエットでは、トレーニングの間に休息日をはさむことでダイエットの効率が良くなります。

スケジュール上どうしても2日続けてトレーニングをしないといけない場合、スプリット・ルーティーンであれば、スクワットの日とデッドリフトの日をできるだけ離すようにしましょう。 例)月曜日:デッドリフト / 木曜日:ベンチプレス / 金曜日:スクワット

Q4:スポーツ練習がある日はトレーニング日?

食事設定を考える上での「トレーニング日」は、ウェイトトレーニングのある日です。スポーツや格闘技などの練習があっても、ウェイトトレーニングの無い日は「休息日」と考えましょう。

Q5:今週はジムに1回しか行けない。食事はどうする?

基本的にウェイトトレーニングを休んだ日は、休息日と考えて食事を摂りましょう。 ただ、週に2回・3回とトレーニングを休んだ場合は休息日が多くなり、1週間単位で見てカロリー収支のマイナス幅が大きくなり過ぎる可能性があります。トレーニング日と休息日の平均を取った食事量にすると良いでしょう。

トレーニング記録・筋力ダウンの悩み

Q6:トレーニング記録=筋肉量でイイの?

中級者以上のトレーニング経験のある人は、トレーニング記録の変化が筋肉量の変化だと考えてほぼ大丈夫です。 ウェイトトレーニングを始めて間もない初心者の方は、筋肉量が増える以上にトレーニング記録は伸びやすいので、一概には言えません。

どういうコトか読んでみる →

Q7:減量中、トレ記録が落ちた。筋肉が落ちたってコト?

必ずしもそうではありません。まずちょっとおさらい。

中級者以上のウェイトトレーニング経験者の場合、トレーニング記録の変化は筋肉量の変化と捉えられます。減量中は筋肉量の維持が優先目標です。減量中にトレーニング記録が上がればラッキーと捉えましょう。いつでもだれでも減量中に筋力アップできるワケではありません。

当サイトのクライアントさんでは、減量前後で大きく筋力が落ちた例は1度もありません。 トレーニング記録が落ちる例としては、Q8とQ9の他では次のような原因が考えられます。

  • カロリー摂取量が低過ぎる 脂肪減を急いでムリなペース設定をすると良いコトありません。しっかり時間を取って辛抱づよく進めましょう。
  • オーバートレーニング 減量中は身体の回復力が落ちていることを忘れずに。欲張ってトレーニング量が過ぎると逆効果になります。
  • トレーニングに気持ちが入っていない 「ダイエット中だから全力が出ない」と考えてしまうと、出る力も出なくなります。トレーニング量は抑えても、気持ちは100%で臨みましょう。
  • 空腹でのトレーニングにうまく対応できない 食事を摂らずにトレーニングに入るサイクルがうまく行かない方が過去1人いました。身体的な問題と精神的な問題があると思いますが、どちらがどの程度影響しているかはケースバイケースでしょう。

Q8:減量中ベンチプレスの記録が伸びない。対策は?

心配ありません。ベンチプレスでは特によくあることです。 体脂肪が落ちると胸囲が小さくなり、バーベルの1回ごとの移動距離が長くなります。つまり同じ回数をこなすのにより強い筋力が必要になるので、重量や回数が少し落ちたから筋肉量が落ちたとは言えなくなります。 逆に、減量前後でトレーニング記録が維持できていれば、ほぼ間違いなく筋力が上がっていると考えられます。

Q9:なぜか今日は記録が落ちた。筋肉が落ちた?

おそらく心配ないでしょう。 ダン・ジョンという世界でも指折りの知識と経験を持つ筋力トレーニングコーチは「トレーニングの20%くらいはうまく行かない日があると考えよう」と言っています。

いつもと同じようにハードにやっているつもりでも、いつも通りの力が出ない日もあります。自然なことなのでパニックになる必要はありません。 いつも通りしっかり食べて、寝て、休んで、気持ちを入れ替えて次のトレーニングに臨みましょう。

有酸素運動・持久力トレーニングの考え方

Q10:有酸素運動はしなくて良い?

体脂肪を減らすという目的では、ほとんどの場合必要ありません。 まず、ダイエット開始から長時間の有酸素運動を取り入れると、食事設定がどれだけうまくできているか判断ができなくなります。

体形改善に成功した身体を長く維持していくのに、有酸素運動に頼るのは非現実的です。将来的に運動に割ける時間が限られたりする状況が出てきたときに、できるだけ少ないトレーニング時間で体形を維持する方法を身に付けるのが大切だと思います。

有酸素運動が脂肪燃焼には非効率という記事 →

有酸素運動するなら最後のひと押しに →

Q11:持久力トレーニングが必要は場合は?

マラソンやトライアスロンなどのスポーツをされている人の持久力トレーニングはまったく否定しません。 ただ、日常的にランニングなど心肺機能強化の有酸素運動を取り入れると、筋力・筋肉量の伸びを大きく制限することになってしまいます。 実際にやるかどうかは、一番大事な目標が何かを考えて決めましょう。

  • マラソンのタイム向上が最優先:思い切り走ってください。
  • 筋力・筋肉量アップが最優先:有酸素運動は控えておきましょう。
  • 脂肪燃焼が最優先:善し悪しです。

有酸素運動は脂肪燃焼に非効率とは言え、毎日長時間すれば確実に消費カロリーは増やせます。 ただ、いま体脂肪が多く十分な筋力がなければ、長い目で見て良い結果にはつながりません。

トレーニング内容

その他

パーソナルコーチング関係

お支払いとサービス内容について

Q1:料金はいつどうやって払う?

パーソナルコーチングの開始時に全額お願いしています。 お支払いは、銀行振込かPaypalのクレジットカード支払いになります。

Q2:途中で止めたくなったら?

申し訳ありませんが、途中解約は承っておりません。 みなさん体形を変えるのは可能ですが、脂肪を落とすにしても、筋肉を付けるにしても時間が掛かります。少なくともパーソナルコーチングの12週間はじっくりお付き合い下さい。

また、当サイトのダイエット法はトレーニングも含めてクライアントさんご自身に努力して頂く部分が大きいです。不安に感じられる方はお申し込み前にサイト内のガイドを読んで、ご自身で試して頂くのをお勧めします。

Q3:パーソナルコーチングに必要なものは?

トレーニング環境とインターネット環境が必要です。

  • トレーニングについて 基本的にウェイトトレーニングにはバーベルの使用をオススメしています。自宅でのトレーニングも可能ですが、使えるトレーニング用品によっては、ジムへの加入をオススメしています。 十分なトレーニング経験がありご自身でメニュー管理をされていたり、トレーナーについて専用のプログラムをこなされている場合は、この限りではありません。
  • インターネットについて パーソナルコーチングは基本的にEメールでのやりとりになりますが、途中ファイルの送受信があります。スマートフォンでも可能ですが、できるだけパソコン環境をオススメします。
 

Q4:会って説明を受けたい

申し訳ありませんが、お断りしています。 パーソナルコーチングでは、プログラムづくりや、途中経過のチェックにデータのやり取りが必要になります。 また、クライアントさんのお住まいは日本各地でバラバラなので、距離的にお会いできない方も居られます。 コーチング内容の正確性確保と、クライアントさんによって不公平が生まれないようにするためご理解ください。

個人情報について

Q5:コメント欄の質問と何が違うの?

個人の条件に合わせた答えを出して行くところです。

クライアントさんは、体脂肪レベル・筋力レベル・トレーニング環境・生活サイクルなどがバラバラです。純粋に6パックを目指す方も居れば、ボディビルの大会に向けての調整や、スポーツや格闘技の試合に向けての体重調整が必要な方も居られます。

コメント欄では、こういった細かな情報をすべて把握することができないので、一般論としての回答になります。

Q6:パーソナルコーチングって何をするの?

ご自身の目標に合わせた食事設定のプログラムを作り、12週間掛けて経過チェックを行います。ステップとしては次のとおりです。

① 目標設定:スタート時点で、身長・体重・目標・生活スタイル・ウェイトトレーニングの経験などを伺って、どのくらいの期間で、どの程度の結果が期待できるかの予測を立てさせて頂きます。 予測内容にご納得いただければ、料金をお振り込み頂いて、パーソナルコーチングに入って行きます。

② 初期設定:初めに伺った情報を基に、ご自身の条件に合った食事管理プログラムを作り、実践内容や経過観察の方法を細かくまとめたファイルをお送りします。疑問点はこの段階でご質問いただき、プログラムの全体像を把握して頂きます。

③ 経過チェック:定期的に途中経過のデータを送って頂き、うまく進んでいるかのチェックを行います。順調であれば変更なく継続していただき、必要であれば食事量・トレーニング内容の変更などをご提案します。新たに疑問があれば、経過チェックごとにお答えしています。

④ ご自身で継続するためのガイド:12週間やり切られますと、コーチング期間は終了となります。みなさん成果が見え始めると、さらに高い目標を設定されるので、最終的なゴールにたどり着かれるのはもっと先になることがほとんどです。ご自身で続けて頂けるよう、終了時にプログラムの調整方法をご案内しています。

パーソナルコーチングのゴールは、12週間で無事に卒業して頂き、ご自身で目標達成まで進められるという自信を付けて頂くことです。 プログラムの内容は長く続けられるようシンプルにできており、パーソナルコーチングはとても好評を頂いていますが、多くの方がリピーターになる必要なく、ご自身で続けられています。

Q7:外国人トレーナーって大丈夫?

パーソナルコーチングのメールのやりとりはすべて日本語に翻訳しますので、言葉の心配はありません。

アンディは日本滞在歴も長く、日本の文化をよく理解しています。実は日本語もかなりできますが、テクニカルな部分に間違いの無いよう英語でのメールを日本語に翻訳するという形を採っています。

サイト内も翻訳も同様ですが、機械翻訳などは一切なく、すべて手作業で行っています。翻訳担当の八百も日常的にバーベルトレーニングを行っており、トレーニーの気持ちはよく分かりますので、できるだけ型にハマらず、しっかり伝わる橋渡しを心がけています。

Q8:絶対成功する?

個人によって条件や目標が違うので、何が「成功」か一概には言えませんが、「3ヵ月で◯◯キロ減」や「3ヵ月で6パック」というような具体的な結果の約束はできません。

体形改善には、正しい知識・方法と、継続するガマン強さが必要です。短期的な結果だけ約束するのは不誠実だと考えているので、3ヵ月間だけムリな生活をして身体を変えて、6ヵ月後にはもと通りになってしまうような極端なプログラムの作り方はしていません。

パーソナルコーチングは、正しい知識・方法と自分に合わせた内容調整の仕方を学んでいただく場です。長期的な視点に立ってコーチング期間終了後も続けて頂ければ、必ずご自身なりの「成功」につなげられると思います。

Q6もあわせてご覧ください ▲

個人相談の進め方

Q9:個人情報はどう使われる?

パーソナルコーチングを進めるのに必要な情報のみをお聞きしています。いただいた情報を無断で第三者と共有することはありません。

  • Eメールアドレス:必須です。できる限りパソコンで使用可能なもの。
  • 電話番号:基本的にお聞きしていません。
  • 住所:基本的にお聞きしていません。(都道府県などお住まいの地域のみ)
  • 生年月日:年齢のみ伺っています。
  • ご職業:ダイエットに影響のある職種かどうかのみ確認させて頂きます。

Q10:パーソナルコーチングの後は体験談ページに載る?

12週間しっかりガンバって頂いた方には、体験談ページへの掲載に関してお尋ねしています。

自分のガンバリに対する表彰のように捉えて快諾してくださる方が多いです。他にトレーニングされている方の励みになればとご了解いただくことも多いです。 インターネットで公開されることに抵抗を感じられる場合には、公開する情報の範囲を調整させて頂きます。(顔の削除・ニックネームの使用 etc...)

ご本人の了解なく無断でサイト上に掲載されることはありませんので、ご安心ください。

ご質問はこちらから

  1. 初めまして。マリモと申します。リーゲインズに興味がありますが、自分の生活を100%合わせることはできないため、五大ピラミッドの優先順位を考えながら取り入れられるところを参考にしたいと思っています。以下、質問が2つあります。
    現在、ジムに通ったり自宅でバーベルを用いた運動は難しいため、自重トレーニングをしています。一日ごとに腹筋・スクワットで鍛えるメニューと腕立て・背筋を鍛えるメニューを一時間程しており、完全な休息日は意識して設けていません。
    毎日トレーニングすることになりますが、体感的には鍛える部位が異なり、48時間あけているので特にオーバートレーニングという感じはないですが、このやり方は間違っていますでしょうか?
    自重トレーニングは、10回で体に限界がくる負荷になるように、フォームをゆっくり正確に行ったり一番きつい姿勢で8秒間位制止してキープする等、各種目数セットやっていますので、運動強度が逆に弱いという感じも個人的にはありません(終わった後肩で息をして汗ばんでいる感じになります)。

    また、食事のタイミングで筋トレの後に食事のタイミングを持ってきた方がよいとQ&Aにありました。私は、平日は日中の仕事があるため、朝食を抜くのが耐えられず(低血糖でフラフラする感じになります)朝昼食べて夜を抜こうと思います。そのため、平日は仕事から帰って筋トレしてから、プロテインシェイクとヨーグルトだけ取ろうと考えています。土日は、朝を抜いて昼夜食べ、筋トレを夕飯の前に行うことが可能です。
    この場合、理想的な方法は他の記事やQ&Aにあるとおりだと思いますが、一日または一週間のカロリー収支や、三大栄養素がしっかりできていれば、平日の筋トレ後の食事のタイミングに神経質にならなくても大丈夫ですか?
    私の今の状態は176cm、72kg、胸囲93cm、腹囲82cm、太もも53cm、体脂肪率約17%です(35才、男)。
    筋肉をある程度つけながら、体脂肪も落とし、腹囲76cmくらいの体を目指しています。
    以上、よろしくお願いします。

    1. マリモさん、初めまして。コメントありがとうございます。

      >毎日トレーニングすることになりますが〜このやり方は間違っていますでしょうか?
      とても効率的かと言うとそうではないかもしれませんが、間違いと考える必要はないと思います。
      今後、負荷や全体でのボリュームの上げ方を工夫する必要は出てくるかもしれませんが、少しずつでもトレーニングでこなせる負荷や回数を伸ばせていれば前進していると考えて良いと思います。

      >一日または一週間のカロリー収支〜食事のタイミングに神経質にならなくても大丈夫ですか?
      大丈夫です。いまの生活リズムで続けやすいことを優先してもらうのが良いと思います。

      ガンバってください^^

  2. 有意義な記事、いつも参考にさせていただいております。

    2点ほど質問があります。
    ・トレーニング直後にサウナやジャグジーに入るとトレーニング効果を削いでしまうものなのでしょうか?
    ・上のFAQに「ジムに行った翌日にまだヤレそうな感じがしたら、トレーニング内容が甘かったというコトです」とのコメントがありますが、これは必ずしも毎回激しい筋肉痛になるまでトレーニングすべき、ということではありませんよね?筋肉痛にはならないけど翌日トレーニングできないくらいの負荷でトレーニング、という水準がどのようなものなのか、いまいち具体的にイメージできません。私自身はトレーニングを始めてまだ2ヶ月で、まずはBIG3のフォームを固めることが先決と思い、またパートナーもつけずひとりでトレーニングしているので、現在の私のトレーニングはどちらかというと「甘め」の内容になっているかと思いますが…アドバイスいただければ幸いです。

    またこれはリクエストですが、質問をする前に過去に似たような質問に回答がされていないかどうかをチェックしやすくするため、FAQページへの直リンクをホームページないしはメニューのところに載せていただけませんでしょうか。

    よろしくお願いします。

    1. Fumiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

      ■ トレーニング後の入浴
      冷水に浸かると疲労回復に良いとか、トレーニング効果を抑えることになるとか良し悪しが指摘されていますが、Fumiさんのように最近トレーニングを始められた段階では特に神経質に考える必要はないと思います。

      ■ トレーニングの負荷
      トレーニング内容を決めたら、まずは各種目のフォームを身体で覚えて、その種目で行える重量・回数を伸ばしていくことを大切にしてください。徐々にでもトレーニングの記録が伸びていればOKです。

      リクエストありがとうございます。このページは内容が古いので、十分に参考にならない質問もあるかもしれません。更新しようかと思っていたんですが、あまりアクセスがないのでサイト上からリンクを削除していました。手が空いたら更新も考えようと思います。

      ガンバってください^^

  3. 無料のeBookに登録しようとメールアドレスを入力したところ、
    以下のようなエラーメッセージが返ってきました。
    「あなたがアクセスしようとしたページは削除されたかURLが変更されています。」
    どうすれば受け取れるでしょうか。

    1. 坂本さん、コメントありがとうございます。

      先日サイトのデザイン変更を行った時に、一部のページへのリンクが切れてしまったようです。
      坂本さんのメールアドレスは登録されていましたので、メールの受信ボックスをご確認ください。
      メール内のリンクからダウンロードしていただけます。

  4. 4児のママ

    はじめまして。
    こちらのサイト、初めて見ました。
    質問があります。くだらなくてすみません。
    朝食抜きとありましたが、水分も採ってはダメですか?
    教えていただければと思います。

    1. 初めまして。水分は摂ってもらって大丈夫ですよ。生活リズムに合わなければ朝食抜きにこだわる必要もありません。

      1. 4児のママ

        返信いただきましてありがとうございました。
        コーヒー、トマトジュースとかも大丈夫ですか?
        朝ご飯は、食べたり食べなかったりしていたので、
        朝抜きに特に抵抗はありません。

        1. まずは、朝食を抜くかどうかよりも全体の食事量を考えることが大切です。
          少し理屈っぽい内容ですが、このシリーズを読んでもらうと理解が深まると思います。ピラミッドの画像でなにから押さえていけば良いかを掴んでもらえればと思います。

  5. むぎちょこ

    ダンベルとベンチで全身を鍛える9種目を参考に筋トレしています。質問で、あのメニューだと手首やふくらはぎはどうするれば良いのでしょうか。
    あと腕のことで肩と二頭筋の間のところが細いです太くできますか?
    返信よろしくお願いします。

    1. こんにちは。

      前腕にはリストカール、ふくらはぎにはカーフレイズといった種目があります。
      興味があればやってみるのも良いかもしれませんが、トレーニングを始めて間もないのであれば、細かい部分を気にするよりも全身を鍛えることを考えたほうが良いと思います。

  6. 初めまして、たかのと申します。
    このサイトを見まして、カロリー制御を始めました。

    自分はトレーニング直前に炭水化物パウダー(マルトデキストリン)を35g、中に50g、直後に60g、水に溶かして摂取しているのですが、これらは1日の目標カロリー(自分は2200kcalうち炭水化物300gと出ました)に含めるのでしょうか。消耗した体が急速に吸収するので減量中でもこれらの炭水化物はカウントしなくて良い、といった話を他のサイトで見たことがあり、質問させていただきました。

    1. たかのさん、初めまして。コメントありがとうございます。

      誰が何を根拠に勧められているのか分かりませんが、ウチではそういう炭水化物の摂り方や計算の仕方をオススメすることはないですね。
      ウチでオススメする計算方法はこのページでさっと触れていますが、計算してもしなくても食べたものが無かったことにはならないので、ご自身が長期間ストレスなく続けられる食事管理の仕方かどうかが大事なポイントですね。

      1. ご返信どうもありがとうございました。確かに食べたことが無かったことになることはないですよね(笑)トレ中に炭水化物を摂ると調子が良いので続けていくつもりですが量のバランスはこのサイトの情報も見つつ再考したいと思います。どうもありがとうございました。

  7. Hondoです。
    メールありがとうございました。

    食事制限を一度休止しようと思いますが、今、また体重が落ち始めました。
    この波が落ちるところまで落ちて、停滞期に入ってから、食事制限の休止をするのがベストでしょうか?

    1. Hondoさん、こんにちは。コメント欄を使っていただいてありがとうございます。
      日単位や週単位での体重の推移はほとんどが水なので気にする必要はありません。
      心おきなく休みを取ってください^^

      1. 八百さん

        アドバイスを頂いてしばらくしたら、ちょうど停滞期に入ったので、心置きなく10日間位食事制限を中止しました☆
        最初はちょっと躊躇したり、おっかなびっくりでしたが、開放する気持ちになって思いっきり好きに過ごしました!
        すごくのんびり過ごせて心地良い時間を過ごせました☆
        アドバイスありがとうございます☆
        不思議なもので、食事制限してないのに体重が落ち始めたので、今日からまた気持ちを切り替えて食事制限していきます。
        また暫くして食事制限とトレーニングに気持ちがヤキモチしたら、開放したいと思います!

        1. Hondoさん、こんにちは!

          リフレッシュできたようで何よりです。
          減量中に体重計の数字が動かなくなることは珍しくありません。
          カロリー収支をマイナスにできていれば時間の問題で身体は変わっていくので、細かく心配しなくて大丈夫ですよ。
          ガンバってください^^

  8. アンディさん、八百さん、アドバイスをいただきありがとうございます。
    コツコツ週3回、Big3を続けていくうちに疑問がわいてきましたので回答をお願いします。

    今日ジムで、初めてスミスマシーンを使ってみました。スミスデビュー(?)です。
    バーベルが使える日を狙って行っているのですが、たまたま先客がいたり待てる時間がないような場合、普通のマシーン、ダンベルなどどれを使うのがベターでしょうか?
    優先順位こんな感じかな〜と予想しているのですが、どうでしょうか?
    1バーベル
    2マシーン
    3ダンベル
    4スミスマシーン
    それから、ダンベルはバーベルほど重いものを持てないと思うのですが、効果的に使うコツはありますか?(回数を増やすとか)

    普通のバーベルが空いていなかったので、モノは試しでスミスにトライしてみました。レールに沿って動かすので確かに楽ですね。でも自分の体の動きが制限されるのが逆にちょっとしんどい感じがしました。

    1. 木村さん、こんにちは。トレーニング実践していただいているようで何よりです。

      種目によって、何に置き換えられるかが変わってくるので、トレーニング用品ごとに区切って順序を付けるのは難しいです。
      スクワットの代替種目には、レッグプレスが使えなくもないです。
      ベンチプレスの代替種目は、腕立て伏せ、ダンベルベンチプレス、ダンベルフロアプレスあたりが挙げられます。
      デッドリフトはバーベルさえあればできるので、問題になりにくいかなと思います。

      代替種目を取り入れるには、その種目のフォームを覚える必要が出てきます。正しい身体の使い方を覚えるまでは、効果も十分に期待できません。
      トレーニングを始めて間もないうちは、できるだけ種目数を絞って、フォームを身体で覚えることに専念するのが効率的です。
      ガンバってください^^

      1. 回答ありがとうございます。
        ダンベルだったらダンベルのみ、マシーンだったらマシーンだけ3つと思い込んでいたのですが、道具(機械)よりも種目の代替で考えればいいのですね。
        これが頭に入っているとジムに行って空いていなかったときにどうしようかと困らずに済みます。
        もちろん基本はバーベルトレーニングです!ちょっとスッキリしてきたので楽しくなってきました。
        またよろしくお願いします。

  9. スマートリフター

    初めまして
    今回このサイトを知りとてもワクワクしております
    私は現在66kg級でパワーリフターをやっているものです
    ノーギアトータル500kgくらいのレベルです

    体幹の本当の意味など心惹かれる記事ばかりですが
    一番興味あるのがリーンゲイズです
    実は私はダイエットには全く興味はなく
    典型的なハードゲイナーで体重増加あるいは維持すら毎日必死なんですが
    仕事中の身体の軽さや集中力、そしてそのシンプルさから朝食抜きは前々からやってはいました
    しかし
    1日の摂取カロリー確保やカタボリックの興味から最近は朝から内2回ウエイトゲイナー含む6回の食事を継続していました
    がそれでは内臓が休まらない、疲労が抜けない、ガスが溜まる、朝は正直食欲はない
    等、問題が出てきました。

    そこで私もリーンゲイズで増量をはかりたいのですが可能でしょうか
    出来ればひとつ上の階級74kg級にあげたいと考えています。

    それと午前中、腸内環境目的&カタボリック対策含むグルタミンだけは摂れればと考えていましたが
    本当に0カロリーで良いんでしょうか

    元々脂肪はつきにくい体質なので、とにかく増量したいです

    返信頂けると幸いです。

    1. 初めまして、コメントありがとうございます。

      リーンゲインズを使っての増量は可能です。
      細かなことを言うと増量中に筋たんぱく合成の最大化を考えるなら、1日6食とまで言わなくても食事回数を確保するメリットはあります。
      ただ、いずれにしても必要なカロリーや三大栄養素を確保する方が重要なので、生活に不便を感じられたら食事の時間や回数にこだわる必要はないと思います。

  10. いつもお世話になってます。
    これまでずっとおこなってきたんですがふとこの捉え方であってるのか疑問に思ったのでひとつ質問させてください。
    トレーニング後から寝るまでの間に5,60%の食事をとるということですが、これは何回かに分かれていても大丈夫なのですよね?食事のタイミング例をみるとどれもトレーニング後の最初の食事一食で5,60%とっているのでふと疑問に思いました。例えば仮にですが、①トレーニング前までに40%とり、トレーニング後の最初の食事で40%、時間をあけて寝るまでの間にもう一度の食事で20%、
    ②トレーニング前までは食事なしで、トレーニング後の最初の食事で40%, 2回目の食事で30%, 3回目の食事でまた30%となっていても大丈夫だという認識でも大丈夫でしょうか。

    1. Mikiさん、こんにちは。お返事がおそくなってすみません。
      イギリスに出張中で思うようにネットにアクセスする時間を取れませんでした。

      大丈夫です。食事回数を減らすことで1回の食事量が増えて満腹感につながりやすかったり、料理の手間が減ることで続けやすかったりというメリットを狙っていますが、食事回数を増やす場合には、Mikiさんの挙げられた例のように振り分けるのもOKです。

      総カロリーや三大栄養素の配分の方が重要度が高いので、あまり神経質に考えず続けやすいことを大事にしてもらうのが良いと思います。

      1. ありがとうございます。これで安心して続けられます^ ^

  11. はじめまして。
    来週から始めようと考えております。
    非常に有益な情報をまとめて頂いて有難うございます。
    1点、質問させてください。
    私は現在トレ後に70gほどのカーボドリンク(マルチデキストリン)をプロテインと混ぜて飲んでいます。
    リーンゲインズではカーボドリンクの炭水化物量とカロリーを計算に含めるのでしょうか?
    含める場合は、下記の例のように摂取して良いということでしょうか?
    ご回答宜しくお願い致します。


    炭水化物摂取目標量が400gの場合

    トレ後 カーボドリンク 70g(マルチデキストリン)
    残りの330gのカーボを食事で摂取

    1. 坂口さん、初めまして。コメントありがとうございます。

      そう計算されるのが良いと思います。
      どう計算しても摂ったものが消えるワケではないので、できるだけ摂取量を楽にブレなく管理するのがポイントですね。

      ガンバってください^^

  12. こんにちは。いつも有益な情報をたくさんありがとうございます。
    お尋ねしたいのですが、夜11時までトレーニングして寝るまでの時間が短い場合でも、たくさん食べた方がよろしいですか?
    内臓の疲れが残るのではないかと心配です。
    夜トレーニング後に多めに食べていますが、目覚めが今のところよくありません。

    1. ナリさん

      初めまして、コメントありがとうございます。
      理屈的には、トレーニング後にしっかり食べるメリットはありますが、食べないとすべて台無しというワケではありません。睡眠も大切なので、他の要素とのバランスですね。
      苦しければ量を減らして、どの程度なら食べられるか試してみてください。

  13. はじめまして。現在バスケットボールをしていて、週4回練習、筋トレ週2回(別日)という頻度でトレーニングしています。この場合、食事はいつをオフ日にすればいいでしょうか?
    それとも練習、トレ日の6日間は炭水化物多めに取り、1日だけオフにすればいいでしょうか?
    現在169センチ体重65キロ、体脂肪率13パーセントの29歳です。

    1. 落合さん

      初めまして、コメントありがとうございます。
      こういう場合、ウチでは、ウェイトトレーニングの日をトレーニング日として一旦計算をして、バスケットボールの日には、練習で消費するであろうカロリー分炭水化物を追加するように考えることが多いです。
      バスケットのパフォーマンス、トレーニングの調子、身体の変化を見ながら調節してください。

      1. ありがとうございます。パフォーマンスを落とさずに減量できるように調整していきたいと思います。

  14. はじめまして!
    ダイエットと筋肉量アップの為、トレーニングを始めました。アドバイスを頂ければと思います。

    仕事の関係上、ジムでのトレーニングが終わるのが23時頃で、それから帰って食事となると0時頃~になってしまいます。
    こういう場合は、食事と就寝までの間はどの位時間を開けたほうが良いのでしょうか?
    ちなみに、起床は大体6時半頃です。
    睡眠時間が少ないと、なかなか減量出来ないとも聞いた事があるのですが…。

    アドバイスをお願い致します!

    1. ユリさん、初めまして。コメントありがとうございます。

      具体的に何時間空けるというルール設定はありません。
      その日の食事量を摂ること、睡眠時間を確保することを優先して考えると良いと思います。
      ユリさんの生活の中で、この2点をできるだけ両立できるサイクルを考えると答えは絞られてくるんじゃないかなと思います。

      ガンバってください^^

      1. お返事ありがとうございます!
        食べてすぐに寝てしまうのは、なんだかダイエットに悪い気がしていたのですが、あまり関係ないのですね?
        安心しました!

  15. サイトの記事、とても興味深く参考になります。

    2つ質問があるのですが、
    バーベルスクワットの代わりにヘックスバーを使ったスクワットでも
    バーベルを使った場合と同等の効果はあるのでしょうか?(特に体幹部)

    もう一つの質問ですが、
    例えばテニスをやっていて筋力アップと、心肺機能の向上と両方を高めたい場合は、
    有酸素運動の位置づけはどのようになるのでしょうか?
    有酸素運動より、筋トレとHIITのような高強度インターバルトレーニングをやるほうが良いでしょうか?

    よろしければご回答のほうよろしくお願い致します。

    1. 都留さん、初めまして。コメントありがとうございます。

      >バーベルスクワットの代わりにヘックスバーを使ったスクワット
      こういう種目のことを言われていると思いますが、ヘックスバーを使ってできるのはデッドリフトですね。これで体幹強化は可能です。

      >筋力アップと、心肺機能の向上と両方を高めたい場合
      それぞれの重要度や優先順位をどう捉えるかによって答えは変わると思います。
      有酸素運動は運動量が多くなるとカロリー収支に注意が必要になりますし、筋力トレーニングの効果に影響する可能性も高くなります。
      HIITは強度・頻度が高くなると、やはり筋力トレーニングに影響してきます。
      一度に追いかける目標をひとつに絞れると考えやすくなりますが、その都度都留さんの状況にあわせて考えることでしょうね。

  16. いつもこのサイト参考にさせて頂いてます。 自宅でトレーニングしているのですが、バーベルの重量が足りなくなってしまいました。金銭の問題でウエイトが届くのに時間が掛かるのですが、その間のトレーニングについて質問です。現在スクワットなどを5回5セットでやっているのですが、10回5セット等回数を増やして負荷を上げるやり方って大丈夫でしょうか?

    1. 沢村さん、初めまして。コメントありがとうございます。

      回数を増やしていくので良いと思います。持っているウェイトプレートすべて使って5回5セットできたら、同じ重量のまま6回5セット、7回5セットという感じでやってみると良いかなと思います。
      ガンバってください^^

  17. ジムに行けないので自宅で自重トレーニングをしています。しかし限界までやっても筋肉痛がありません。こういう場合は毎日トレーニングしてもいいのでしょうか?良い場合は休息日とトレーニング日で分けていた食事の方法はどうするべきでしょうか?171cm58kg男で筋肉が少なく脂肪が多いので減量中です。

    1. 初めまして、コメントありがとうございます。

      トレーニング内容を考える上で、筋肉痛が出るかどうかはあまり重要でありません。筋力が伸びているかを中心に考えてください。
      少しづつでも負荷を上げたり、回数を伸ばしたりできていれば、筋肉痛がなくてもOKです。
      逆に、限界まで頑張ったり、激しい筋肉痛が出ても、毎回できることが変わらないと、何か変えた方が良いかも知れません。

      食事については、トレーニング日と休息日で設定を変えても良いですが、まだ始められて間もないなら、食事タイミングの設定まで細かく考えなくても良い気もします。ストレスでなければ良いんですが、大事な所から確実に押さえて行くように考えてください。

      1. 同じメールアドレスからコーチングの申込み頂いてましたね。
        その日の内にお返事お送りしたんですが、見てもらえていますか?
        もし届いていないなら再送させて頂きますのでお知らせください。迷惑メールフォルダに振り分けられていないかもチェックしてみてください。

  18. リーンゲインズで、体脂肪率を維持しながらの減量は可能でしょうか?

    食事管理と筋トレと有酸素運動で腹筋縦筋3つ(ジムの体脂肪計で12%弱)になった頃に生理が来なくなったので内容を見直し、今は腹筋縦筋1~3(同13~15%)で生理は再開サイクルも安定しつつある状態です。

    変更内容は以下です。

    食事 炭水化物の摂取量増
    筋トレ 週3→週2
    有酸素 週6(朝45分・夜100分)→週4(夜100分)

    出来ればあと2kg程度、落すのが無理ならお尻の上部と脚の引き締めをしたいのですが体脂肪率は極力下げたくありません。

    このような場合でもリーンゲインズは有効でしょうか?
    また、有効であるとしたら通常のやり方と変えてみた方がよいことはありますか?

    1. 月灯りさん

      体脂肪を落とさずに減量をするという目標自体がいびつに感じます。
      女性はお尻・ふとももまわりに脂肪が残りやすい傾向がありますが、これを引き締めたいというのは、体脂肪を落としたいということです。
      これ以上、体脂肪を落とすと健康に支障があるならオススメはできません。
      リーンゲインズを使うかどうかという話では無いですね。

      1. 八百さま

        承知しました。
        体重と体脂肪率は維持を目標にします。
           
        その上で、見栄えを改善出来ればと思うしので、負荷の加減とフォームを見直しと股関節まわのストレッチを更に頑張ってみます。
          
        ご回答頂きましてありがとうございました。

  19. 初めまして、非常に貴重な情報を分かりやすく説明頂き、有難う御座います。

    ジムへ通い始めました筋トレ初心者ですが、海外赴任で筋トレ友がいないです。
    バーベルをつかったベンチプレスはスポッターがいなく、不安で出来ません。
    実は独りでバーベルを使う経験は無く、BIG3は少し抵抗があります。

    ジムの他の機材でBIG3の様なコンパウンド種目は可能でしょうか?
    ダンベルを使う筋トレは家でも出来るので、おススメがあればお願いします。

    また、1日のトレーニングの内容については、
    足、胸、背中、腕、腹筋全て1日x週2~3でやるのと、
    部位別を2~3日に分けてやるのはどちらがいいのでしょうか?

    1. シュガーさん

      なぜか通知が来ておらず、コメント頂いていたのに気付いていませんでしたm(_ _)m
      文面から伺う限りでは、トレーニング環境を整えてBIG3ルーティーンをオススメしたい所ですが、海外でジム探しが思うようにいかない状況だと難しいかも知れないですね。

      というあえずケガの心配が少ないという意味ではマシンでしょうね。チェストプレスやレッグプレスは一応コンパウンド種目(多関節種目)です。

      長くメイン種目として使い続けられるかというと疑問がありますし、長い目で見たトレーニング効果も、結果を求めるならバーベルが使えた方が良いとは思います。

  20. たびたびすみません(;_;)
    BCAAが高額なのでなかなか手が出ないのですが、トレーニング前のBCAAはホエイ100%のBCAA配合のプロテインで代用しても差し支えありませんか?1スクープで約30gほどたんぱく質を含んでいるので、BCAAを10gずつ3回摂るようにプロテインを分けて摂取すれば問題ありませんか?

    1. しもさん

      返信が遅れてすみませんm(_ _)mなぜかこのコメントの通知が来ていませんでした。
      BCAAの代わりにプロテインを使って大丈夫です。細かなことを言うとBCAAに利点はありますが、金額的に苦しければプロテインで良いと思います。

      1. ありがとうございました\(^o^)/

  21. 減量の際にチートデイは有効なのでしょうか?

    1. どういう設定の食生活で、どういう狙いのチートデーかによって答えは変わってきます。
      ウチのサイトでは、例えば「毎週日曜日は好きなだけ食べる日にしましょう」というような設定を勧めることはありません。
      減量はムリをせず、確実にカロリー収支のマイナス幅を確保していくのが大事ですね。

      1. 回答ありがとうございます!もうひとつ質問なのですが、僕は今18歳で、172cmの65kgです。若いうちには、リーンゲインズや減量のことを考えずに、たくさん食べた方がよいのでしょうか?できれば僕もたくさん食べてさらに大きくなりたいのですが、やはりそうしたら脂肪も増えてしまったのです。トレーニングはウエイトを週3,4回、バスケットボールを週5回ほどやっています。ひたすら食べるべきか、リーンゲインズによって体を作っていくべきか、教えてください。

        1. Thanks for the comment.
          You’re young and there is never going to be a better time than now to train, grow and recover from serious strength training workouts as there is for you now.
          As you train basketball so often, getting in enough calories in an 8 hour time frame may get difficult as you start progressively eating more and more (for it’s important to not have a full stomach on the court so that you don’t feel sick, right?), so you can extent this 8 hour window as you see fit, and/or eat more frequently than twice.

          Change one variable at a time. Be progressive and logical, and you will do well.

          1. コメント訳しておきますね。

            しもさんは若いですが、真剣に筋力トレーニングをして筋肉を付けて行くのに今ほど良い時はないと思います。
            バスケットボールの練習が多いので、8時間の間に十分なカロリーを摂るのは難しいかも知れません。
            身体が大きくなるにつれて食べる量も増えて行くので、バスケットボールの練習中に気持ち悪くなったりしないよう食事時間を伸ばしたりや食事回数を増やしたりして良いですよ。

            ちょっとずつ前進するように、食事やトレーニングの内容を変えるときは、気持ちやノリじゃなくて論理的に考えて1回に1つだけ変更するようにすると、きっとうまく行きますよ。

          2. ご丁寧にありがとうございます!リーンゲインズ、試してみます!

  22. 楽しく拝見しています。

    2点質問があります。
    炭水化物は調理前の重さをはかる理由はありますか?

    トレーニング日、休日の一般女性の脂肪摂取目安はありますか?

    1. コメントありがとうございます。

      炭水化物はお米やパスタなどのでんぷん質が中心になりますけど、炊き方・茹で方などによって調理後の重量はブレてしまいます。調理前の方が正確に把握しやすいということですね。

      脂肪摂取量はコチラコチラを読んでみてください。

  23. 初めてコメントします
    中学二年生男子です
    腹筋のシックスパックがずれていてその修正と普段ベッドでしかトレーニングが出来ないのですが、動きをいれたものをするとうるさいと言われます。
    なので動きをいれないトレーニング方&メニューを教えてください
    腕、胸、腹筋、背筋をとくに
    後、器具を使わないものがいいです

    1. こんにちは、コメントありがとう^^

      腹筋は、みんなそれぞれ生まれ持った形があるので、それを変えることはできません。
      筋肉を鍛えて大きくなれば、割れ方がハッキリ見えるようにはなります。
      動きのない運動で全身を鍛えることはできないです。腕立て伏せとか懸垂とか、自分の体重を使ったトレーニングでも効果はありますよ。

      1. ありがとうございます!
        出来ることをしてみます

        腹筋は辛いところでキープする方法でも効きますかね?
        限界までキープするとしたらなんセットくらいがいいんでしょうか?
        また48時間と72時間だったら中学生の僕にはどちらがいいですか?
        たびたびすみません

        1. 宮本くんのことを詳しく知らないので、なんとも言えないですね。
          2〜3日空けると考えても良いかも知れないし、筋肉痛が出たら、痛みがひくまで待つのも良いかもしれない。あまり神経質に考えなくても良いと思います。
          中学生なら、シックスパック作りよりも、好きなスポーツにでも熱中する方が良いような気がします。

          1. 空手をずっとしてて大好きで
            だから腹筋がとても必要なんです!

            身体と相談しながらやりますね

  24. 早速、返信いただきありがとうございます。
    これまで、仲間もなく続けてきたので、
    こうしてお話を伺うことができ、とても嬉しいです。

    負荷が少ないんですね。
    食事と運動量が均衡しているというのも、納得です。

    自宅で出来るトレーニングをと考えています。
    何かいい方法があったら、教えていただけませんか?

    ランニングも休息日は控えた方がいいでしょうか。
    運動量は、携帯アプリによると、300kcal程度のようです。

    タンパク質って、本当に重要な要素なんですね。
    気長に続けたいと思っていたので、敢えて、栄養素の計算は避けていました。
    記録は付けていますが、いい加減に食べていたと思います。
    いい機会なので、一度、きちんと計算してみます。

    私の場合、最大の敵は、皮下脂肪のようです。
    がんばります。

    1. 松井 香子

      度々、すみません。

      ページの見方が不十分で、全頁を読めていませんでした。
      しっかり読んで、もう一度、コメントします。

      1. あちこち読んでみてもらえればと思いますが、記事数もかなり多くなっているので、かいつまんで回答しておきますね^^

        >自宅でできるトレーニング…
        とりあえず、負荷を上げることですね。
        自宅で手軽にというと限度がありますが、ダンベルはとっつき易いかも。個人的には自宅でバーベルを使ってます。ジムに通えれば一番の解決策かなとも思います。

        >ランニングも休息日は…
        筋力トレーニングと有酸素運動は根本的に運動の質が違います。少しでも筋肉が見える身体を目指すなら、ランニングよりも筋トレに専念するのが効率的ですね。

        >たんぱく質って、本当に重要…
        そうですよー。
        これもどこまでマジメにやるかですね。気長に続けるには、毎日の食事内容が一定なら、そこを基準に足したり引いたりしても良いかもしれないです。

        ひとつひとつを取り上げて考えると、木を見て森を見ずになりがちです。体系的に理解するように気をつけてみてください。

        1. 始めて一週間が経ちました。

          生活リズムが作りやすく、一日をとても快適に過ごすことができています。
          食事に関しても、まったくストレスがなくなりました。

          これまでは、どの方法も決め手に欠け、手探り状態が続いていたので、
          気持ちに余裕が生まれたのが、何よりの成果です。

          トレーニングも、自宅で出来るよう、少しずつ器具を揃えることにしました。

          そこで、一つ質問です。

          減量メニューで始めたのですが、計算すると、
          休息日の摂取カロリーが800kcal程度となり、
          炭水化物が20gとなりました。

          野菜などに含まれる炭水化物は無視してもいいとありましたが、
          これだけ低いので、他からの摂取が気になりました。

          この場合、休息日は、炭水化物を一切摂らなくてもいいでしょうか?
          (ご飯、パン・イモ類を避けるということです)

          細かいことで恐縮ですが、ご教授いただけましたら幸いです。
          よろしくお願いします。

          1. こんにちは^^

            休息日に炭水化物20gというのは、よくある数字です。
            こういう場合は、でんぷん質の炭水化物は避けて、フルーツから少し摂るようにオススメすることが多いです。

            減量成功すると良いですねー!

  25. 初めてコメントします。
    プロテインについて、検索していて、こちらのサイトを見つけました。

    運動量について教えてください。

    昨年、忙しさから47kg台(身長は163cmです)になったのきっかけに、筋トレダイエットを始めました。
    お腹が6つに割れるといいなと思ってのことでした。
    それから約一年経ちます。

    筋肉による、身体の締まり感は感じられるようになったのですが、
    体脂肪が一向に下がりません。
    23%ほどあります。
    体重もほぼ横ばいで、一年間、47kg台でした。

    トレーニングは、ジムに通っていないので、器具やダンベルは使っていません。
    腹筋・背筋・腕立て伏せ、時々スクワットなどを、あれこれ組み合わせてしています。
    約一時間やります。

    ランニングは、30分で6kmを、平日はほぼ毎日走っています。

    仕事の都合で、土曜日は休まざるを得ないため、土曜日はお休みしています。
    日曜日は、ランニングだけはするようにしています。

    こちらのサイトを拝見し、休息日を設けるようにありましたが、
    この程度の運動でも、休息は必要でしょうか。

    体脂肪が下がらないので、効率が悪いのかと、プロテインを始めて20回ほど飲みました。
    大豆100%の減量したい人向けというもので、
    一日10gを走った後に飲んでいます。

    食事もある程度管理していますが、毎日肉を食べないので、
    プロテインだけでもと思ったのですが。

    また、一日のスケジュールも、どうすればいいのか分からなかったので、
    明日から、こちらにあったスケジュールでやってみようと思います。
    (朝食は必ず食べましょうという常識に囚われすぎていました)

    運動を続ける根性とやる気だけは、あるんですが。

    1. 初めまして、コメントありがとうございます^^

      運動内容についてですが、筋肉量を増やすには負荷が低いんだろうと思います。
      休息日を入れて、頻度は週3回ほどで大丈夫なので、少しずつでも負荷を上げられるように試してみてください。自重運動が楽にこなせるなら、ウェイトを使うことを考えた方が良いかも知れません。
      もう読まれたかも知れませんが、ココココが参考になるかなと思います。

      体脂肪が落ちないのは、全体でのカロリー収支が釣り合っているということでしょう。

      プロテインに関しては、あまり原材料にこだわらなくても良いです。
      どこまでマジメにやるかによりますけど、効果という意味では1日に必要なたんぱく質を確保する方がずっと重要です。
      プロテインに関しては、こちらの記事を見てみてください。

      女性で割れた腹筋が目標というのは希少ですね。ガンバってください^^

  26. いつもサイト見て勉強させて頂いております。
    2度目の質問になります。よろしくお願い致します。

    リーゲインズを初めて、
    もう少しで一年立ちます。

    あと一年ぐらい頑張ったら、
    目標達成できそうなので、
    達成したら維持にしたいと考えています。

    維持の食事の設定とトレーニングの設定はありますでしょうか。

    1. Hi Tazaki, I have never met anyone that got to their target physique – everyone raises the bar for themselves each time they reach a goal. Those that have cut, will want to bulk up. Those that have bulked will want to cut.

      If you have done a cut and are happy with your definition you’ll want to change your calorie intake anyway so that you can eat more while staying lean.
      Metabolic adaptations that happened with dieting mean that you will gain fat quickly if you simply go back to “calculated” maintenance calories. So increase your carb intake very gradually, 50g/day every two weeks or so.

      Increasing your carb intake you will increase your weight due to the extra water that is taken up by your body.
      Definition will fluctuate, usually you’ll feel softer on the rest days.
      You stop increasing your carb intake when both the weight increase and definition starts to be lost. – This is the point where you’ll be above maintenance and gaining fat. Dial it back down to the previous change in macros.

      This is the best way to stay lean after your cut to target weight, presuming you have done so to shreds and don’t want to bulk again.

      The reason that you see a lot of bodybuilders get so fat in the offseason, even 2 weeks after their competitions, is because many don’t bother to reverse diet like this. (Many reasons, which are beyond the scope of this long answer 🙂 )

      Hope that helps!

      1. tazakiさん、お久しぶりです^ ^
        リーンゲインズもう1年ですか!サイト立ち上げの頃から見て頂いていたんですね。良かったらこれまでの経過なんかお聞きしたいです。

        以下、アンディのコメント訳です。
        私は、これまでに目指す体形にたどり着いたという人に会ったことがありません。減量をした人は増量に移ったり、増量した人は減量に入ったり、みなさんひとつ目標を達成すると、また高い目標を設定されてます。

        もし、減量をしてカットの具合(体脂肪率)が満足な所まで来たら、次どうするかは別にしてカロリー摂取量を上げましょう。
        減量中は食事制限の影響で代謝が落ちています。自分の体格に合わせて体重維持の食事量を計算してそのまま使うと、短期間で脂肪が増えてしまうことになります。
        減量時の食事量をベースにゆっくりと炭水化物を増やして行くようにしましょう。2週間に50グラムずつくらいが目安になります。

        炭水化物を増やすと体重も上がります。これは体内水分量が増えることが主な要因です。
        筋肉の見え具合も変わります。一般的には休息日の方がたるんで感じることが多いです。
        体重の増加と筋肉のカットが両方確認できなくなったら、炭水化物を増やすのを止めます。これは体重維持を超えて脂肪が増え始めるポイントなので、この1段回手前の食事量に戻します。

        ギリギリまで減量して、その後増量をする気がない場合のベストな進め方です。

        オフシーズンや大会2週間後でさえ、多くのボディビルダーがすごく太るのは、こういう風にゆっくり食事量を戻していかないからです。(他にも理由はたくさんありますが、長くなったのでここまでにします :))

        参考になれば!

        1. どこに質問したのか分からなくなってしまい、
          返信遅れてしまいました。すみません。

          維持していくのどうしたら
          良いんだろうと悩んでました。

          回答ありがとうございます。

          体をもっと作り込みたいと言う欲求もあるのですが、
          私のトレーニングの最大の目的が、オーダーメイトのスーツを綺麗に着たいと言う事が最大の目的なので、長期にかけて体を作り込んでしまうと時間と一緒に、体のサイズが変わってしまい、スーツを何着も作りなおすと言う事になり、費用が高額になるので、今後のトレーニングの付き合い方を考えています。

          経過は下記です。

          【経過】

          私はリーンゲインズを知る前は、
          2年ぐらいWEB上の情報やトレーニング経験のある知人の
          話なんかを参考にトレーニングしていました。
          主にダンベルとマシーンと自重です。あと有酸素でロードバイクです。

          そもそもこのサイトに出会う前は
          トレーニングの知識なんて無かったに等しいと思います。

          ●結果、体脂肪は絞り切れず生産性も低く
          多くの時間を無駄にしていたように感じています。

          ●原因は
          カンパウンド種目をしていない。
          食事の内容が駄目!!

          ●悩みは
          聞く人や書いてある情報がバラバラで
          どれが正しいのか判断する事に悩んでました。

          リーンゲインズとの出会いは会社の同僚に
          「タコライス研究日誌」とこのサイトを教えてもらい。

          半信半疑で実践したところ、
          3ヶ月で約16%体脂肪が、トレーニング重量が上がりながら
          体脂肪が約9%になり、サイトに書かれているままの成果がでました。

          びっくりでした!!

          この3ヶ月の体験でこのサイトの情報の精度を確信しました。

          それから増量設定で、筋肉を増やしています。

          現在は7ヶ月ぐらい増量しており、トレーニング重量が上がりながら
          体脂肪は9%から12%ぐらいに増えている感じです。

          今後の予定は来年6月ぐらいまで増量して、
          減量しテーラーに行きオーダーメイトのスーツを
          作ってもらおうと考えています。

          今から最高に楽しみです!!

          1. 返信ありがとうございます。

            減量成功おめでとうございます!かなりうまく行ったみたいですね。
            ウチのサイトも含めて、ネットの情報は鵜呑みにしない方が良いと思われてる方も多いと思う(ボクもそうです)ので、成功談が聞けると嬉しいです。

            増量は、体脂肪が低い状態の方が有利です。進み方にもよりますけど、腹筋の割れが見えにくいあたりまできたら減量をはさむのも良いかも知れないです。

            まだ来年のスーツのオーダーまで時間もたっぷりですね。またときどき経過を聞かせてください^^

            P.S. タコライス研究日誌、ボクもファンですw

          2. ありがとうございます。
            引き続き頑張ります!!

            別件です、八百さんに質問です。
            ホームトレーニングをしているとの事で、フェイスブックでデットリフトのマットをアップしているのを見ましたが、八百さんはご自宅でデットリフトされているのでしょうか?

            また、鉄筋コンでしょうか??

            ホームジムを検討しており、床の部分で迷ってます。

            ご回答いただければ幸いです。

            1. おぉ!Facebookも見てもらってるんですね。
              ボクの自宅に合わせた勝手な思いつきで、多くの人に使えるか分からなかったので、アップしようか迷ったんですが、参考になれば嬉しいです^^

              自宅でデッドリフトしてます。個人的にはビッグ3の中でもお気に入り種目です。
              築40年(?)くらいの鉄筋コンクリートの2階でやってます。特に不安を感じたことはないですけど、部屋のタンスなんかが軽く揺れますね(笑)一応バーベルをゆっくり降ろすようには気をつけてます。
              パワーラックなんかを家に置く場合には、床にコンパネなんかを敷く人が多いようです。コンパネ全体に加重が分散されるので面積が広い方が良いようですね。

              自作プラットフォームは2回ほど使ってみて、少し柔らか過ぎる気がしています。ウェイトが上がると不必要にバウンドするというか。床全体をコンパネで固められれば、補強にはもっと良いんだろうなーと思います。

              このコメントを読まれてる方、お手軽DIYプラットフォームの写真はコチラ

          3. 八百さんありがとうございます。

            話を聞いてみて、思っていたより床
            大丈夫なんだと言う事がわかりました。

            自宅ジム考えてみます!!

  27. こんにちは。いつも楽しく勉強させてもらってます。
    今日は質問というより、お願いがありコメントさせて頂きます。

    実は、明日から本格的にリーンゲインズを試そうと考えています。
    また、せっかくなので、ウェブサイトにて記録を残そうと考えています。

    お願いというのはそのウェブサイトについてなんですが、
    コンテンツとして、私なりにリーンゲインズの手法による
    栄養素計算をまとめたものを掲載してもよろしいでしょうか?

    もちろん、コチラから引用させていただいていることは、
    記載させていただきます。

    お忙しい中恐れ入りますが、許可をいただけると助かります。
    よろしくお願いします。

    1. 初めまして、コメントありがとうございます。

      サイト拝見しました。楽しいですね。「今更ブートキャンプ」というのに思わず笑ってしまいました。ネーミングセンスあると思います(笑)
      ウチの情報が山下さんのダイエットの助けになるなら嬉しい限りです。サイトへの掲載も自由にされて下さい。またダイエット経過見に行かせてもらいます^^

      ガンバってください!

      1. ありがとうございます!(ネーミングセンスを褒められたことに対して(笑))
        ひとまずリーンゲインズの考えを元に自分の出来る範囲でやって行きたいと思います!

  28. 減量中でも、トレーニング日はトレーニング後に炭水化物を摂取すべきなのでしょうか?

    1. 追記です
      減量:ここでのカロリー計算結果よりも少なくなる必要があります。週単位で摂取量が計算した値よりも少なく、なおかつトレーニング日には計算値より多く摂取しなければなりません。
      つまり、カロリー摂取量は日によって2200kCalと1300kcalというような形になります。(+10%kCal / -35%kCal)
      (脂肪量の多い人、肥満体の人に関しては、カロリー摂取を減らしてもたんぱく質を十分に摂っていれば筋肉が落ちてしまうリスクは比較的小さくなり、トレーニング日、休息日の両方でカロリー摂取が下回っても大丈夫です)

      この前提であれば、減量中はトレーニング後に炭水化物を摂取しなくてもいい、しない方がいいのかな、と思いました。
      当方、181cm/84kg/体脂肪率23%/男/洋ナシ型/が基本スペックです。脂肪燃焼、ウエストサイズダウンを1番の目標にしております。

      1. 初めまして、コメントありがとうございます^^

        たんぱく質を摂るのは筋量維持に効きますが、カロリー収支のマイナス幅が大きすぎれば筋量ダウンのリスクは出てきます。
        できるだけ全体でのマイナス幅を大きく取りながら(脂肪減を進めながら)筋量維持のしやすい摂取バランスというコトですね。
        トレーニング日にもカロリー収支がマイナスになると、休息日のマイナス幅を小さくする必要が出て、全体でのマイナス幅が小さくなってしまう可能性があります。
        三大栄養素の配分をどこまで細かく管理するかは生活スタイルによっても変わると思いますけど、極端な食事制限をすると代謝が落ちてしまって、食事量を減らしても脂肪が落ちない状態になってしまうこともあります。
        結果を急いでムチャをしないことも大切ですね。

        1. なるほど、迅速な対応ありがとうございます。
          結論としては、極端な食事制限はNGということですね。

          それでは、トレーニング後の食事内容として、炭水化物(米やパスタ)の代わりにたんぱく質(ササミや豆腐、ゆで卵等)でカロリー収支を合わせに行くという考え方でよろしいのでしょうか?
          炭水化物を我慢できる時はガマンした方がいいのかなと思いまして・・・

          1. >結論としては、極端な食事制限はNGということですね。
            そういうコトですねっ。

            基本的には、トレーニング日・休息日の食事量を一度決めたら、それに合わせて食事を摂れるように工夫するのが大事だと思います。
            トレーニング日ごとに炭水化物を摂ったり摂らなかったりというのはオススメしません。
            たんぱく質は除脂肪体重1kgあたり2〜3gが目安ですが、それ以上摂ってもあまり効果は上がりません。この数字でも結構たんぱく質が多いので、さらに炭水化物と置き換えるとなると肉まみれの食生活になって退屈すると思います(笑)

            もうこのページは見てもらったかと思いますけど、食事量を決めたらしばらくそれを試して、うまく体重が落ちなければ炭水化物を中心に量を微調整していくのが良いと思います。

          2. 確かにおっしゃる通り・・・結構なたんぱく質の量ですね、唖然としましたww

            最後に1つ教えてください。サイトにトレーニング日の摂取割合は載っていましたが、休息日の摂取タイミング割合は掲載されていなかったかと思います。
            私は夕方トレーニングなのでトレーニング日は20-20-トレーニング後60%で摂取していますが、休息日も同様の割合・タイミングでいいのでしょうか?

            1. 休息日の食事量の割合は、初めの食事でたくさん食べるようにするのが基本ですが、多少ルーズになっても大丈夫です。
              食事の時間帯をキープできれば、量の配分は生活リズムで決めて大丈夫ですよ。

  29. 度々すみません、何処までアドバイス頂けると料金発生するのでしょうか?

    1. 当サイトは個人相談に申し込んで頂いた場合のみ有料です。コメント欄でのやり取りにお金は掛かりません。
      タチの悪いポルノサイトのように手続きもなくいきなり課金なんてことはありません。強いて言えば携帯の通信料と電気代くらいですかね(笑)

      1. Ha, well yes. Actually a further and deeper answer would be this:

        I run a very successful English language version of the site. Because of that I can hire Ken to work full-time building this site – I like helping people and hate seeing people get ripped-off.

        I’ve answered around 5000 comments on the English site in the last 2 years. The more comments answered, the more trust is built. A very small percentage of visitors choose to hire me, but that is enough. So basically for every person that I work with directly (paying customer), 99 others use the information on the site to have success on their own. I get to impact way more people positively this way by creating free guides.

        Happiness is not just about money. It’s about the connectivity we have with people. This is why everyone is addicted to Facebook.

        So… all questions welcome. 🙂

        1. アンディのコメント訳しておきます。

          はは、上の通りです。もうちょっと補足するとこういうことです。

          私が作っているこのサイトの英語版はすごく好評を受けています。そのおかげでフルタイムの従業員(八百)を雇ってこのサイト作りをすることができています。人が役に立たないものにムダなお金を使っているのを見るのがイヤで、できるだけ力になりたいと思っています。

          英語版のサイトでは、この2年間で5000以上のコメントに回答してきました。コメント欄での回答が増えるほど信頼を築いてくれると思います。
          実際に個人相談に申し込んでくれるのはサイト読者のほんの一部ですが、それで十分です。個人相談のクライアントさん1人に対して、99人はサイトを読んで自分で体形改善に成功されるような感じです。こうやってノウハウを公開することで、より多くの人に良い影響を与えられます。

          幸福ってお金だけじゃないですよね。人とつながっていることが大切だと思います。Facebook中毒になる人がいるのもそういうコトだと思います。

          というワケで、質問コメント歓迎です 🙂

Leave a Reply

*