夜食はダイエットと健康に良い?

ダイエット

投稿者 : Martin Berkhan

7

夜食べても太らない AthleteBody.jp
夜遅くに食事を摂ると、脂肪として蓄えられやすく体重が増える原因になるので、一日の早い時間帯にたくさん食べて、夜は食事量を控えめにした方が良いとよく言われます。

例えば「午後6時以降に炭水化物を摂ると脂肪になりやすい」なんてまことしやかに語られたりしますが、科学的研究結果を見ると正反対の結果が出ていたりします。

栄養士などのプロも含めて「寝る前に食べるのはダメ」という考えはどこから出てきたのでしょうか?

続きを読む

迷信10 朝食はしっかり、夕食は控えめに

ダイエット

投稿者 : Martin Berkhan

2

リーンゲインズ 朝食しっかり 夕食控えめ「朝は王様のように食べ、昼は女王様のように食べ、夜は貧しい民のように食べよ」という英語の言い回しがあります。夕食で摂る炭水化物の量を減らせば、脂肪として蓄えられにくいハズという考え方もありますね。誌面ではもっともらしく見えるかもしれませんが、これを立証するものは無く、逆にこれを間違いだと示すものは多くあります。

続きを読む

迷信9 空腹でトレーニングすると筋肉が落ちる

ダイエット

投稿者 : Martin Berkhan

6

リーンゲインズ 空腹 ウェイトトレーニングラマダン中のスポーツ競技力の研究を行う大きな団体が、1時間のランニングのような有酸素運動では、小さいながらも有意な影響が見られたと結論づけています。
ラマダンの断食では水分摂取にも制約があるので、ここでは脱水状態の程度を考慮する必要があります。逆に、ウェイトトレーニングのような無酸素運動には、もっと小さな影響しか見られなかったとしています。

続きを読む

迷信8 断食によりコルチゾールが増える

ダイエット

投稿者 : Martin Berkhan

1

リーンゲインズ コルチゾール 筋分解コルチゾールはステロイドホルモンの一種で、血圧を維持し、免疫システムを調整し、ブドウ糖や脂肪、タンパク質の分解を進めるなどの働きがあります。
フィットネスの世界では嫌われがちですが、私たちの身体には必要なホルモンでもあります。

続きを読む

迷信7 朝食を抜くと太ってしまう

ダイエット

投稿者 : Martin Berkhan

5

迷信7 朝食を抜くと太ってしまう AtheleteBody.jp

朝食を抜く事と体重の重い人がよく関連付けられます。
これは、食事回数が少ない事と肥満を関連づける理屈とよく似た理屈です。一般に朝食を摂らない人は不規則な食生活を送っており、健康に対する意識が低い事が多いです。また、ダイエットをしている事もよくあります。

続きを読む

迷信6 断食すると筋肉が落ちる

ダイエット

投稿者 : Martin Berkhan

10

迷信6 断食すると筋肉が落ちる AthleteBody.jp
血中のアミノ酸を一定に保つと筋肉の維持に効果的と言われていますが、迷信5で説明した通り、たんぱく質の吸収には時間がかかるので、たんぱく質を多く含む食事を摂ればアミノ酸は数時間にわたって血液内に放出され続けます。
これを実際の生活につながるような形で調べた実験はありません。

続きを読む

迷信5 たんぱく質の吸収は1度に30グラムまで

ダイエット

投稿者 : Martin Berkhan

6

迷信5 たんぱく質の吸収は1度に30グラムまで AthleteBody.jp
人の話が何かおかしく聞こえたときは、ヒトの進化の過程に照らしてそれが本当に理に適っているかを考えてみると良いと思います。真実味のある話かどうか判断する良い方法です。
今回の迷信は特に分かりやすい例だと思います。
もし、ヒトが1回の食事で30グラムのたんぱく質しか吸収できないのなら、人間は今日まで生き伸びることはできなかったでしょう。

続きを読む

迷信4 断食は身体を飢餓モードにする

ダイエット

投稿者 : Martin Berkhan

1

迷信4 断食は身体を飢餓モードにする AthleteBody.jp
進化の過程で人類は多々食糧不足に直面してきました。
食べ物がまったく得られないときに代謝を下げる事は、長く生きながらえる事につながり、結果として食べ物を見つけられる可能性を高める事になります。
「飢餓」とは食べ物がまったく得られないことであり、食事を1回抜いたり24時間食事を摂らないといったこととは別物です。

続きを読む

迷信3 こまめな食事で血糖値をコントロールする

ダイエット

投稿者 : Martin Berkhan

1

迷信3 こまめな食事で血糖値をコントロールする Athletebody.jp
ダイエットや健康に関する専門家とされる人たちの多くが、食事をこまめに何回にも分けて摂ることで空腹による腹痛を予防でき、活動エネルギーが安定、頭も冴えると語っています。
多くの人が信じていることとは裏腹に、血糖値というのは非常にうまくコントロールされており、覚せい剤でも与えられたチンパンジーのようにやたらと乱高下するものではありません。

続きを読む

迷信2 少量の食事を何度も摂って空腹感を抑える

ダイエット

投稿者 : Martin Berkhan

1

迷信2 少量の食事を何度も摂って空腹感を抑える AthleteBody.jp
食欲や空腹感をコントロールするのに有効な食事パターンを見つけるというのは、非常に重要なテーマですが、残念ながら研究はあまり進んでいないのが現状です。

もっともよく参照される研究は、肥満男性を対象に2グループに分けて行われました。

続きを読む

1 / 212

サイト管理人

Andy Morgan - AthleteBody.jp Facebook Profile Picture 2015

アンディ・モーガン

イギリス出身のダイエットコーチ兼パーソナルトレーナーです。日本に住んで9年。日本が大好きになりました。 欧米のダイエット情報と数百人の英語圏のクライアント指導で得た経験を日本に広めるためノウハウを公開しています。
AthleteBody.jp Kengo Yao 2015

八百 健吾

サイト内で紹介する外国人トレーナーなどの記事の日本語訳を担当しています。 アンディと二人三脚で内容充実のサイト作りをしていきますので、ご期待ください^^